世界の

日本にカジノが出来たらどうなる? ナイトタイムエンターテインメントの発展、普及のために乗り越えるべき課題

今日のドレスコカジノ議連 25264

維新の党IR議連事務局長・石関貴史衆議院議員第4回「維新の党はチャレンジのための政党」

長谷川氏 ようやくか、という感想です。年に当時の石原都知事が東京お台場カジノ構想を立ち上げ、カジノは違法と言われていた頃からIR議員連盟(正式名称:国際観光産業振興議員連盟)が立ち上がり、議論は行われていたのです。 長谷川氏 そのとおりです。今でこそ訪日外国人の数は万人を超えたと言われていますが、年当時は万人程度でした。年前後はインバウンド需要を取り込もうにも、どうやって誘致するかを考えなければならない状況だったのです。

地方創生としてのIR

IR推進法案や各地の誘致の動きから、エンターテイメントとしての魅力まで。 Integrated Resort(統合型リゾート)とは何か?を様々な角度から、専門記者がレポートしていきます。 by abema TV」のAJPCチャンネルで、ファイナルテーブル含め、各トーナメントのアーカイブが視聴できるようになっています。興味のある方はご覧になってくださいね。 「全日本ポーカー選手権」(AJPC)チャンネル FLESH! IR議連総会も開催されたことで、IR推進法案が秋の臨時国会で成立するのではないかという期待が高まってきているようです。なぜか私にまで問い合わせが頻繁に来るようになりました。IRの動きというのは、何も国会だけの動きではありません。今週末に私が注目している二つのイベントが開催されるので紹介したいと思います。  ひとつは23日の「全日本ポーカー選手権」(AJPC)。8月末の大阪予選、先月の東京予選には約2,人がエントリー。メイントーナメントを勝ち抜いた強豪が、13時から決勝ラウンドで激突します。22日13時からはシニアトーナメント、15時からレディーストーナメント、23日10時半からジュニアトーナメントを開催。すべての決勝ラウンドはインターネット「FRESH! 今月2日の読売新聞朝刊の政治面で、先月初入閣した鶴保庸介沖縄北方担当相のインタビュー記事を目にしました。新任の大臣に対して新聞各社がインタビューを行うことは恒例のことですが、沖縄の振興策のひとつとして「カジノを含むIR(統合型リゾート)を沖縄に作ることは大賛成だ」という発言が目に留まりました。  沖縄はもともと年代の初めから、IR・カジノ誘致をリードしてきた地域として知られています。前任の仲井眞弘多氏の県知事就任後となる年より県としての調査事業が本格化し、官民の誘致の動きが広がりました。しかし、年に就任した翁長雄志知事がIR誘致に反対の姿勢を示したことで、残念ながら現在は誘致の動きが停滞している状態にあります。  豊富な観光資源、東アジア・東南アジアからのアクセスの良さなどのメリットを生かし、沖縄ではいわゆる「都市型IR」「地方型カジノ」とは別の「沖縄型IR」として、独自モデルの検討が進められてきました。沖縄のIR誘致に詳しい関係者によると、一年を通じて気温の変動が少なく、頻繁に県外から多くの観光客が集まるイベントを開催していることで、ホテルの稼働率は年間を通じて高い水準を維持しているそうです。  鶴保氏は和歌山県選出の自民党参議院議員で自民党の二階俊博幹事長と近いことも知られ、閣内からは山本幸三地方創生担当相が先月のWall Street Journalにおいて、IR推進法案について前向きな発言を行っていました。  さて今回の鶴保氏の発言について、前出の関係者に意見を求めたところ「県政に直接的に影響を及ぼすものではないが、中長期的にIRの議論が再度盛り上がる可能性がある」と話していました。沖縄での誘致活動再開への期待とともに、今年秋の臨時国会を前に広いエリアで期待が高まっているようです。

日本が海外から学ぶべきことは

言うまでもなく、アベノミクスは 1 大胆な金融政策 2 機動的な財政政策 3 成長戦略の3本の矢からなる。 1 と 2 に関してはすでに進行中だが、インバウンドの増加は、 3 の柱の1つに位置づけられる。今年6月には「本年に訪日外国人旅行者数万人を達成し、さらに万人の高みを目指すとともに、年には万人を超えることを目指す」という内容の、インバウンド目標を閣議決定した。 カジノを擬似体験する超党派の議員たち(中央は野田聖子衆議院議員)。 もちろん推進法の成立で、いきなりカジノ解禁というほど単純ではない。推進法はあくまで大枠の方向性を示すものでしかなく、2年以内にカジノ実施法を成立させる必要がある。実施法は内閣法となる見通しで、関係省庁が詳細を詰めて作成し提出するという流れとなるのだが、推進法と違って、実施法がすんなり国会を通る保証はどこにもない。 何より大事なのが、周辺の道路整備などは別として、カジノ建設や運営に、自治体は一切お金を出さなくていいということだ。財政難の自治体にしてみれば、是が非でも誘致したいところだろう。 他稿でも触れたが、日本で最初にカジノ誘致に手を挙げたのは東京都だ。石原慎太郎氏が都知事に初当選した年にお台場誘致構想を発表している。その後、いったん石原氏はこの構想を取り下げるのだが、カジノ解禁の機運とともにお台場構想は復活。猪瀬直樹都知事もカジノ誘致に意欲を見せている。 以上見てきたように、日本全国で誘致合戦が起こっている。いまのところ、カジノ解禁になっても認可されるのは2カ所程度だろうと言われている。その椅子を、10以上の自治体が競うことになる。 「でも実際には、ほとんど決まっているんですよ」 と打ち明けるのは、IR議連関係者だ。「東京・お台場がまず確定。もう1カ所となると沖縄が最有力」だというのである。 さて、最後はシンガポールである。日本と同じでカジノに慎重だったシンガポールが解禁した経緯は、 既述のレポート でも触れているため、ここでは現在の様子だけを述べる。

ディスカッション