世界の

YAHOO!ニュース

システム投資方法カジノホテル情報 44275

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

海外に行かなくても、日本でカジノを楽しめる時代がすぐそこまで来ています。 カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法(特定複合観光施設区域整備法) が年7月に国会で成立。早ければ日本初のカジノが年代半ばに誕生します。観光、経済に大きなインパクトを与えるといわれているカジノの誕生に熱い視線が注がれています。 日本政府もこのIRを成長戦略の柱とし、年には訪日外国人旅行者数6,万人、日本での消費額15兆円を目指しています。 「観光立国・日本」 の実現に向け、さまざまな準備が急ピッチで進められることになります。 カジノを中心としたIRは、どのような経済効果をもたらすのでしょうか。IRに関連する経済効果には、 「建物などの建設」と「施設の運営」 があります。海外をみると、シンガポールでは2つの施設を開発するのに合計で約1兆円の民間投資がありました。さらに開業から4年後の観光収入は、カジノの効果も大きく、9割も増えています。 IRが建設できる地域は全国で最大3カ所。希望する自治体の誘致の動きも激しくなっています。ただ気になるのは、カジノがギャンブル依存症を誘発したり、マネーロンダリング(資金洗浄)の温床にならないかということ。しかし、これらの懸念に関しては、 入場回数の制限(7日間で3回、28日間で10回まで)や、日本人に対してはマイナンバーによる本人確認の実施 など、さまざまな対策が法律に盛り込まれています。

株テーマ:カジノ・IR カジノの関連銘柄

IR(統合型リゾート:Integrated Resort)施設は数千億円の投資が必要とされています。また、不特定多数の客が来場する日、24時間営業の施設であり、カジノのディーラー、ホテル従業員など労働集約型という特徴があります。そのため、IRの新設によって大きな経済波及効果が期待されています。 経済波及効果とは、ある産業に対して生じた最終需要がその産業の生産を誘発するとともに、それにより次々と各産業の生産を誘発していくことと定義されます。IR 施設の設置による生産誘発額は直接効果、そこから誘発される間接効果(第1次波及効果及び第2次波及効果)の3段階で効果が発生すると考えられます。 本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法案の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 下記IR(統合型リゾート、Integrated Resort)についての海外事例のナレッジを提供している、 IRビジネスグループ の最新の活動をご紹介いたします。

ディスカッション