世界の

マカオのおすすめカジノホテル

ボーナス一覧ソフィテルマカオホテルカジノ 43991

世界遺産とカジノが調和する人気の観光地

マカオはマカオ半島とタイパ島、コロネア島の3つの島から成り立つ中国の特別行政区で、カジノや世界遺産のある、有名な観光地として知られています。 過去年の間ポルトガルの植民地だった歴史を持ち、年に中国に返還されました。 日本からは船で約1時間の距離にあり、カジノやホテルを含む観光産業が非常に盛んなことから、日本人からも人気の旅行・カジノスポットとなっています。 アメリカのラスベガスに負けず劣らない、アジアのカジノ大国として多くのカジノホテルが立ち並びます。 植民地時代の歴史的な建物が多く残る、東洋と西洋の文化が入り混じった独特のノスタルジックな雰囲気が人気です。 リスボアホテルを始めとした、元祖マカオカジノと言えるようなムーディなネオンと綺羅びやかな雰囲気が特徴のカジノを楽しむことができます。 マカオの歴史的な建築物として世界遺産にも登録されています。 年~年にかけて建築され、年に火事で崩壊した聖母教会と協会の隣に建てられた聖ポール大学跡の総称となっています。

マカオってこんなところ

マカオには30ヶ所もの世界遺産がある 古き良き交易文化を色濃く残された町であるとともに 一方ではカジノ大国としても大きく発展しており ギラギラのネオンに彩られた街並みを有し、 独特なカオスの雰囲気がある国です。 カジノにはすごく興味がある! だけど、「 実際にお金を賭けるとなるとちょっと・・・ 」と 思われる方もおられるのではないでしょうか。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

カジノ内での両替の際に手数料を抑えたい人は『ホールドシステム』というものがあります。 手数料なしで一時的に換金してもらい、ゲームの終了後に全額返金するという両替システムです。 例として、為替レート1円=ドンなら、ホールドシステムで1万円をホールドすることによって万ドンを受け取ることができ、ゲームが終わった後にホールドしていた万ドンを返金すると元の1万円 日本円 に換金されるというものです。 引用元: hollywoodone。 引用元: CharlieOne Club。 引用元: Palazzo Club。

カジノがあるマカオのホテルBest10

日本からも気軽にカジノ旅ができる国として人気の 「マカオ」 マカオといえば、豪華絢爛で煌びやかな印象が強いですが、その中で、歴史アある伝統的な美しい町並みの中に作られたカジノホテル 「ソフィテル マカオ アット ポンテ」 はご存知でしょうか?このホテルのカジノゲームやアメニティには、なんと日本の企業がサービス提供しており、日本と繋がりがあるホテルなんです。 ソフィテルとは、 フランスのホテル会社「アコーホテルズ」の最高級ブランド 。 マカオに多くある、カジノを主体とした他の5つ星ホテルよりも、更に上をいくサービス、お客様が心からリラックスできる本物のホスピタリティを目指しています。 町並みに合うように美しい外観で、マカオの中心街から少し離れた立地なので、騒がしい喧騒から離れた落ちついた時間を過ごすことができます。 内装には中国風のオリエンタルな装飾や、ヨーロッパ風の調度品が程よく良く調和し、異国情調溢れる演出の一旦を担っています。 贅沢なスペースが取られたホテルロビーは、外観のゴージャスさとはうってかわって、シックで落ち着いた雰囲気を演出。大理石やガラス細工を使用したヨーロッパの現代風のデザインが取り入れられたホテルのロビーは、優雅な気分に浸れることでしょう。 ラスベガスや中国とはまた違う、フランスらしい美しいロビーは目にも華やか。 ここのロビーだけでもまずは必見です。もちろん、サービス面においても超一流ですので、心からくつろげること間違いなしのおもてなしを受けることができます。 マカオの騒がしい喧騒が苦手な方や、 女性にもオススメできる上質なホテル です。 また、すべての客室にマットレス、心地よい眠りに誘われるオリジナルブランド 『My Bed』 を使用しています。 ふかふかのベットは、旅で疲れた体を優しく癒してくれること間違いなし。ベッドスプレッドやクッションカバーはセンスの良さが感じられるモダンチャイニーズ。 ヨーロピアンな雰囲気の中にも、どこかマカオらしさを感じられるのではないでしょうか。

ディスカッション