トリック

VIDEO SLOTS

を選ぶべき理由ゴーストワイルドスロット 5432

スロットの絵柄・モード

ユービーアイソフトは,小説家トム・クランシー氏の名を冠する「ゴーストリコン」シリーズの最新作「ゴーストリコン ワイルドランズ」の国内での発売を,年3月9日に予定している。  本作はオープンワールドとして構築された広大な南米の内陸国を舞台に,国家さえも支配下に置いた強大な麻薬組織の壊滅を目指す,三人称視点のミリタリーシューターだ。プレイヤーは歴戦のオペレーターで構成された4人の特殊部隊「ゴースト」チームを操り,反乱軍と協力しつつ,多数のミッションを進めてくこととなる。 冒頭でも触れたように,本作の舞台は近未来,南米の内陸国だ。現在,この地は「サンタ・ブランカ」と呼ばれる麻薬カルテルによって牛耳られており,経済はもちろん政治や軍事までその支配下にあるという未曾有の事態に陥っている。その影響は国内に留まらず,周辺諸国や北米にまで及び,かつてない規模で麻薬汚染が広がることになった。  事態を重く見たアメリカ政府は,秘密裏にサンタ・ブランカのボス「エル・スエーニョ」を始末し,組織を壊滅させることを目的とした「キングスレイヤー作戦」を発動。プレイヤーをリーダーとする精鋭特殊部隊「ゴースト」チームを無法地帯に送り込む……というのが大まかなストーリーの流れだ。 新たな土地に来て早々に,ゴーストチームはチュートリアルも兼ねたミッションを開始することになる。目的は「アマル」と呼ばれる反乱軍の人間を助け出すこと。反乱軍はサンタ・ブランカと敵対関係にある現地組織で,常にプレイヤーを側面から支援してくれる。彼らと友好的な協力関係を結ぶことが,ミッション達成の近道というわけだ。  クエストマーカーにしたがって敵の基地にたどり着くと,さっそく本作ならではのシステムを活用して戦いを進めていくことになる。  ゴーストは前述のとおり4人のメンバーで構成されており,つねに一緒に行動することになる。ソロプレイ時はリーダーのノマドのみが操作キャラクターとなり,ほかのメンバーはAI操作だ。メンバーはノマドが移動すれば勝手についてくるが,後ろを無警戒にぞろぞろ追いかけてくる……といった非現実的な動きは少なく,左右に大きく開いたり,かなり後ろから物陰に隠れて移動してくるなど,プレイヤーが何もしなくてもかなりプロらしい動きをしてくれる。 さて,ソロプレイでもチームプレイを強く意識できるのが,「SYNCショット」という攻撃方法だ。これは敵をエイム中などにマーク付けしておくと,指示と同時に味方が射撃してくれる仕組み。これによって自分の射撃を含めて,同時に4人の敵を瞬時に始末することが可能となり,攻略がかなり楽になる。  ステルスシステムを採用したゲームの場合,たとえ銃にサプレッサーがついていても,敵の近くでターゲットを撃てば目撃されバレてしまうことが多い。ところがこのSYNCショットを使えば,メンバーと協力して目撃者を含めた複数のターゲットを同時に排除できるので,ステルス状態を維持できるわけだ。使用後はクールダウンタイムがあるため連発はできないものの,うまく決まったときは「ナイスキル!」と言いたくなってしまう。 情報を元にアマルの監禁場所に近づくと,当然ながらガードが堅く敵も多い。そのまま正面から突っ込む……のもひとつの手だが,ここは特殊部隊らしく事前に入念な偵察を行うのも悪くない。  ゴーストチームにはそれぞれ双眼鏡とドローンが支給されており,前者は遠くから,後者は高所から敵の拠点などを自由に偵察できる。クラシカルな双眼鏡もいいが,筆者はやはりドローンがお気に入りで,上空から敵の配置を簡単に把握できるのは痛快だ。スキル強化によりナイトビジョンやサーモグラフィ機能も搭載可能で,まさに敵陣を「丸裸」にできてしまう。  前述のSYNCショットは,双眼鏡やドローンからも実行可能で,場合によってはその場から一歩も動かず敵を排除することもできる。バッテリーの持ち時間が短めだったり,電波があまり遠くまで届かないという弱点もあるが,まさに21世紀のハイテク部隊を体現するようなガジェットなので,ぜひ活用していきたい。 本作の2大テーマを挙げると「広大なオープンワールド」と「特殊部隊のチームプレイ」だと思う。  だが,最初はこの2つがどのように組み合わさるのか,あまりピンとこなかった。前者のオープンワールドはRPGの冒険やクライムアクションに向いているが,特殊部隊が任務で活動するにはいささか広すぎる気がしたし,後者のチームプレイは同じユービーアイソフトの「レインボーシックス シージ」で展開されるような,高密度の室内戦のほうがより「らしい」ことができるのではないかと思っていたからだ。

『ゴーストリコン ワイルドランズ』Web CM フルver.


Group site links

ゴーストリコン ブレイクポイント【早期予約特典・数量限定初回特典なし】 - PS4 【CEROレーティング「Z」】。 ヘッドショット 6 件のカスタマーレビュー。 特にそのステルスの難易度が上がった要因は ・AIが付いてこない 危機的状況が設定なので基本ソロ、マルチなら多人数 ・仲間がいないのでSYNC ショット が出来ない アイテム消費で同じ事は出来る ・敵にドローンが追加されたのでより強力になった これだけ聞くと面倒くさいと思うかもしれないが、ワイルドランズをやったことがある人で前作の無限SYNC ショット がヌルすぎたと感じた人には丁度いい難易度。 ワイルドランズとの違いを挙げる方が多いですが、ワイルドランズもそれまでのゴーストリコンからはかなり異なって最初は非難轟々だったので、そういうシリーズなんです。今回はスナイパーエリートをオープンワールドにしてハスクラまぶした感じ。 良かった点 ・未発見地点と敵の気配表示をオフにすると別ゲームのようになり、適宜地点情報を入手したり周囲を確認しながら進むスリリングな展開になり楽しい。ソロでは難易度を上げるより非表示設定でやるのが断然オススメ。 ソロはキツい場面もあるが前作、鬼の追跡ユニダット兵いない。しつこくない。装備レベルは58でヘッド ショット で重装以外一発で死んでます。しか消耗ドローン、クラスアサルトで最大7回しか使えないが重装兵も一発で仕留めれるしドローンで敵をマークしとけば遠かろが壁だろうがエイムで合わせれる強ドローン笑。経験値レベルは11くらい。前作は銃撃戦になるとイージーでもすぐ戦死、今作仲間がいないからか意外とダウンしない、だがノーマルだとキツいらしい?。

ディスカッション