トリック

YOUTUBEの視聴時間を確認・制限する方法を徹底解説!設定やYOUTUBE KIDSを利用して長時間の視聴を防止しよう!

を徹底解説時間制限 8060

ZOOM Cloud Meetings

モバレコTOP YouTubeの視聴時間を確認・制限する方法を徹底解説!設定やYouTube Kidsを利用して長時間の視聴を防止しよう! 今回は、YouTubeをついつい見すぎて時間を使いすぎてしまう方や、子供がYouTubeをずっと見ていて困っている保護者の方々の為に、 YouTubeやiPhoneの設定 、お子様向けの動画視聴アプリである、 「YouTube Kids」 というアプリを使用して、 YouTubeを見すぎてしまわないように意識付けることのできる便利機能や、視聴時間の制限をかける方法を解説します 。 視聴の統計は今日の視聴時間から昨日、一週間以内の視聴時間が表示されています 。さらに、日別の平均も表示されるので、これを確認すれば一日の視聴時間の目安になるかと思います。 ただし、アカウント毎の視聴時間なので、子供に貸したりしている方は正確な時間が把握できないかもしれません。また、視聴時間のカウントは再生履歴に基づいている為、YouTubeの設定で再生履歴の記録をオフにしている場合や、Google Chromeのシークレットモード経由で視聴した場合は、視聴時間がカウントされません。 こちらでは、 アプリを一日にどれだけ使用したかを確認出来ます 。YouTube以外にもゲームを何時間したか、ネットサーフィンをどれだけ利用しているか等の確認も可能です。後述しますが、このスクリーンタイムを使用する事で視聴時間の制限をする事も可能です。

YouTube、iPhoneの設定を利用して、動画を見すぎないように意識付けよう

出典: Zoom公式サイト。 もし、 複数人で飲み会をする時 など、時間を気にせずに通話を楽しみたいという場合は、時間を気にせずに複数人での通話が行える有料版の利用をおすすめします。

iPhoneの設定を使って、YouTubeの視聴時間に制限をかけよう

iPhone を日常的に使っている子ども達が増えています。小学生以下の子どももいれば、高校生くらいの未成年者まで幅広い年齢層です。 子どもにiPhoneを持たせる場合でも、アカウントは1人につき1つ用意するのが原則です。親とアカウントを共有して使っている人もいるかもしれません。しかし、iCloudのパスワードなども共有することになるため、セキュリティの観点からおすすめできません。 子どもがiPhoneを使う場合は、子ども用のアカウントを作成し個別に管理するのがベストです。 ただ、iOSでは13歳未満のアカウントを作成することができません。 そこで「ファミリー共有」を利用して、子どものアカウントを保護者が作成します。 またファミリー共有でアカウントを作成すると「スクリーンタイム」も有効になります。 スクリーンタイムでは、iPhoneの使用時間や使っているアプリのレポートを表示したり、アクセスできるコンテンツを制限したりできます。子どものiPhoneを直接操作しなくても、保護者のデバイスから設定できるため、一元管理が容易に実現します。 Apple IDのパスワードとセキュリティ質問を登録します。パスワードは半角英数8文字以上で、数字、大文字、小文字を含んでいる必要があります。セキュリティ質問では、[質問]をタップして質問を選んだあと、「答え」欄に答えを入力します。セキュリティ質問は全部で3問あります。 サインインが完了すると、スクリーンタイムも自動で有効になります。子どもにiPhoneを渡せる準備が整いました。Face IDやTouch IDの設定は適宜おこなってください。子どもにアプリのインストールやアイテムの購入を許可する場合は、Apple IDのパスワードも教えておくとよいでしょう。

を徹底解説時間制限 42925

【オートファジー・断食】オートファジーが始まる時間を解説!


ディスカッション