トリック

ペイアウト率について詳しく解説

ペイアウト率ランドカジノ 51297

ペイアウト率とハウスエッジの関係

当然、ペイアウト率とはなんなのか? という疑問が浮かびますが、その定義は賭けたお金に対して、どれくらいの割合で払い戻しが期待できるかを示した数値(オンラインカジノ還元率)のことを言います。 例えば、ペイアウト率95パーセントのゲームの場合、万円を賭ければ平均して95万円が戻ってくる計算になります。 「 それって損じゃん 」と思うかもしれませんが、当然です。基本的に、すべてのゲームはカジノ側が勝つようにできています。なので、ペイアウト率がパーセントを超えるゲームはないと思ってください。 それでは勝てないと思いますよね。でも、違うのです。ペイアウト率というのは、個人単位で数えられるものではなくて、カジノ全体(あるいはゲーム全体)でカウントされるものだからです。 仮に、万円を持ったAさんとBさんがいて、Aさんは万円勝ち、Bさんは全額スッテしまったとします。2人の合計元金は万円でリターンは万円ですから、この場合、ペイアウト率は95パーセントになるんですね。 こう考えると、ペイアウト率が高いからと言って必ず勝てるわけではないということがわかると思います。ただ、ペイアウト率が高いほうが、より勝てるチャンスがあるのは事実です。 より高いペイアウト率のゲームを選んで挑むのは、 戦略 として間違いではありません 。 ペイアウト率はプレイヤーの取り分。 ハウスエッジは胴元側の取り分。 つまり、ペイアウト率+ハウスエッジは必ずパーセントになるわけです 。 ただ、胴元の取り分を明示すると「 必ず負ける 」という印象が強くなってしまいがちです。そのためか、大抵のギャンブルの場合、ハウスエッジではなく、ペイアウト率のほうが公開されています。オンラインカジノでも同様で、ハウスエッジが公開されているというのは聞いたことがありません。 ちなみに、攻略サイトや書籍などでは「 ハウスエッジが低いゲームを選べ 」と書かれていることがよくあります。これは、「 ペイアウト率の高いゲームを選べ 」とイコールだと理解しておきましょう。 ペイアウト率はゲームによっていろいろと呼び方が変わります 。 パチスロで遊んだことのある人は「 機械割 」という言葉を聞いたことがあると思います。あれもペイアウト率のことです。 ペイアウト率はほかにも「 還元率 」「 出玉率 」「 期待値 」などさまざまな呼び方をされますので、知らないと混乱してしまうかもしれません。 どれだけの確率で勝てるかを示した数値があったら、ペイアウト率だと思っておいても差し支えないでしょう。

ネットカジノってどういう仕組みで経営してるの?

先ほども述べた通り、胴元のいるギャンブルでは、必ず胴元のハウスエッジが必ず有利になるようにゲームのルールや配当があらかじめ決められています。控除率(ハウスエッジ)とはその 有利な比率 のことを意味します。 ブラックジャックやバカラなどはハウスエッジが低いゲームです。要は勝てる確率が高いゲームです。プレイヤーの技術でペアウト率を変えることができるので、 腕を磨けばペイアウト率 %以上 にすることもできます! 人気のあるゲームで、ジャックポットなどの大きな当たりもでる機種が多く、一攫千金も夢ではありません。ペイアウト率 一般的に 93 ~97 % で、ハウスエッジが大きく、若干ペイアウト率は低くなっています。 これに対し、$10、$5、$10をワンセットにし、負けたら最初に戻る方法や、または負けらた次は2倍賭けにするなど、変則的に掛け金を変えていくのが システムベッド です。

ペイアウト率200%越え! 好調スロットランキングに刮目せよ!【オンラインカジノ フィーチャー ニュース 2019.08.02】


ペイアウト率について詳しく解説

そのため、このようなギャンブルにおいては、胴元が必ず勝つようなシステム、または有利な条件でないと胴元側が潰れてしまい経営や商売として成り立ちません。 例えば、競馬などの公営競技では売上額の2割から3割、宝くじにおいては発売総額の約半分が主催者側の利益(取り分)となり、残りのお金を参加者同士で分け合うという図式になっています。 ブラックジャック、クラップス、バカラなどはハウスエッジ(控除率)が低いゲームです。 特にブラックジャックでは、ベーシックストラテジやカウンティングなど、プレイヤーの腕前・技量次第ではペイアウト率を100%以上にすることが可能で、技術介入度が非常に高いゲームです。

ディスカッション