トリック

マカオカジノ・セクター

ゲーム種選定サンズコタイカジノ 54245

政府:衆院予算委 総理「IRは観光政策準備推進」~現時点 予定不変。21年 認定申請

JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。( 設定方法 )。 TOP 中国セクターレポート マカオカジノ・セクター。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising。 If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website。

政府:IR基本方針案 認定申請期間(21年1-7月)堅持。観光復活に反転攻勢~5月26日

安倍晋三・内閣総理大臣 「IRは、観光政策。感染症の収束後、観光が回復が見込まれる。IRは、観光先進国の実現を後押し」 「今後、IR事業者の動向を注視、感染症の対応など諸課題を踏まえ、必要な準備を丁寧に進める」。 菅義偉・内閣官房長官 「会見当時(*)と全く変わっていない」 (*)5月18日、ラスベガスサンズの日本撤退発表後、メディアの質問に対して「現時点では基本的なスケジュールを変更しない」とコメント。 赤羽一嘉・国土交通大臣 「日本のIRは、年代半ばから後半に開業」 「IR整備は、自治体、事業者がそれぞれの発意により、検討すべきこと」 「現在、複数の自治体が、事業者と申請に向けた準備を進めている」 「自治体から国への区域認定申請は年になるが、政府は審査をしっかり行う」。 答弁のポイントは、 ・現時点においては、IR区域整備計画の認定申請受付期間-基本方針案(年1月4日から7月30日)について、都道府県等(*)から当該期間の案を変更して欲しい旨の要望は受けていない ・政府としては、引き続き、これらの都道府県等の準備状況や意向を踏まえつつ、適切に対応してまいりたい ・基本方針に感染症対策を含めた安全の確保についての事項を盛り込むことを検討している ・ウイルス感染症の拡大が収束し、国民の不安が払拭された後には、反転攻勢し、官民を挙げたインバウンド復活への取組を進めていく考えである。

ゲーム種選定サンズコタイカジノ 35429

日本参入を希望するカジノ事業者

世界のカジノ記事 でご紹介している通り、海外には国をまたいで複数のカジノを経営しているような大手カジノ事業者がたくさん存在します。世界一のカジノ都市であるマカオも、外資系カジノの誘致成功が現在の繁栄につながっています。 政情不安の残る香港で8日にそれを払拭するかのような世界的スポーツイベントが行われる。香港国際競走がシャティン競馬場で8日に行われ、日本からは総勢9頭が4つのビッグレースに発走する。 香港マイル(海外G1、 […]。 ロマン消滅・大ショック…! カジノにバニーガールはいないって本当? どこに行けば会えるの?

ディスカッション