タレント

2020年:日本版 IR決断の時

世界一カジノ大手ゲンティン 59868

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ラスベガス・サンズの詳細はこちら: 日本進出の噂もある世界のカジノ・IR企業「ラスベガス・サンズ」とは? なお、親会社であるゲンティン社(Genting Berhad)はグループを統括し管理する事業者になり、グループ全体では石油・ガスなどのエネルギー関連や不動産開発、バイオテクノロジー開発など複数のプロジェクトを行うコングロマリットになっています。 日本国内で「統合型リゾート IR 整備推進法案」が成立したことで、世界の大手カジノ企業が日本への進出意欲を示しています。特に現在は日本国内において自治体のカジノ・IR施設の招致活動(検討も含め)が多く行われており、運営や関係する企業の名前もテレビやネットのニュースで聞く機会も増えています。 カジノ・IRニュース 世界の大手カジノ企業6選!日本への進出を狙っているのはどの企業? TheDice 編集部 0 1。 こちらもおすすめ 大阪IRの事業者公募、申込みは米MGMリゾーツのみ、ゲンティンとギャラクシーは見送り ゲンティン ・シンガポール、日本のIR事業に向けコンソーシアム組成模索、「9月、10月までに確保」 日本のカジノ・IR施設の候補地 日本進出の噂もある世界のカジノ・IR企業「ラスベガス・サンズ」とは? マカオ 日本IR 海外IR。

ディスカッション