タレント

フィリピン・マニラでカジノ巡り!プールやショッピングなど賭けない人の楽しみ方も

世界一マニラカジノ 9462

世界初!日本人オーナーが経営するカジノリゾート

アジアのカジノと言えば、一番は「マカオ」を思い浮かべると思いますが、今一番注目を浴びているのが「マニラ」ではないでしょうか。 政情不安、インフラの不整備、治安問題などから、今までフィリピンに行く事を敬遠されてきたリゾカジメンバーの皆さん、マニラは今、マニラ湾沿いに3つの巨大なカジノリゾートが誕生。観光都市として安全で楽しい都市に生まれ変わろうとしています。 近くて安くて楽しいマニラ!さあ、マニラに行こう! 戦後、フィリピンでは、違法カジノが乱立していました。しかし、年当時のマルコス大統領は、大統領令によりカジノを国が管理しその収益も国が取得することを前提に、大統領府傘下の国営会社「フィリピン娯楽ゲーム公社(PAGCOR)」を設立しました。このPAGCORに独占権を与え、運営を委ねることで非合法カジノを一掃することができました。 現在、PAGCORは、マニラだけでなくセブ島やミンダナオ島など地方にも展開し、直営施設として13のカジノ施設、25のクラブ施設を経営し、経済特区においても、第三者となる6事業者に対し運営ライセンスを付与しています。 (PAGCOR社は規制者であると同時に、自らが運営者であり、かつ自らが担う運営行為をも自らの判断により第三者に委託できるという複数の機能を全て担うことができるという他国には全く例のない制度と仕組みになっています。) そして、年PAGCOR社の従来のライセンス事業とは異なる枠組みで、第1号のIR(統合型リゾート)としてResorts World Manilaがオープンしました。 さらに、マニラ湾の一部haを埋め立ててIRを集積させる巨大なカジノリゾート・プロジェクト Bagong Nayong Pilipino Entertainment City Manila が進行し、Solaire Manila、City of Dreams Manila、Okada Manilaが続いてオープンした。 (その他Resorts World Bayshore などもオープンする計画があったが現在は止まっています。) PAGCORによるとフィリピンの年のGGRは前年比22。 リゾート・ワールド・マニラ Resorts World Manila マニラに初めて誕生したIR(統合型リゾート)。 マレーシアの最大カジノ運営企業ゲンティングループが運営している。 ニイノ・アキノ国際空港の第三ターミナル前にあり、日本から気軽に行く事が出来る。 シティー・オブ・ドリームス マニラ City of Dreams Manila フィリピン資産家ランキングで不動の1位を守り続けるヘンリー・シー氏傘下のベルコープ・グループと、マカオの「シティ・オブ・ドリーム」の開発・運営企業MCEとの合弁でオープン。 オカダ・マニラ Okada Manila 日本のユニバーサル・エンターテインメント社の子会社、タイガーリゾートレジャーアンドエンターテインメント社が運営するマニラを代表する豪華統合リゾート(IR)施設。 マニラはなんとなく「治安が不安」とおっしゃる方でも大丈夫。 空港間の送迎サービスで安全にカジノに到着、さらに日本語の話せるスタッフがサービスしてくれるから、安心してお得なローリングプログラムも楽しめちゃうんです。

フィリピン・マニラのカジノ特集

マニラ最大の平均客室面積を誇るラグジュアリーホテルでは、パール・ウィングの客室室に加え、同じ客室規模のコーラル・ウィングが既に一部オープンしており、年内に完成予定です。 また、お客様専属の客室係、専用プール、カラオケなどのエンターテイメント設備、5つのベッドルームを擁する1室1,mを超えるヴィラが既に3室オープンしており、さらに2室がオープン予定です。 初心者にも上級者にもお楽しみいただける快適で品格のある広大な24時間営業のカジノフロア。バカラやルーレットなどの台のテーブルゲーム、2,台のスロットマシンを有し、VIP専用のプライベートカジノ「OKADA CLUB」や、ジャンケット専用のゲーミングエリアもあります。 遊技機事業 統合型リゾート(IR)事業 その他事業。 エントランス 自然光が降り注ぐ3層吹き抜けの空間を絢爛なシャンデリアで演出します。 ザ・ファウンテン 施設のシンボルともいえる、世界最大級のマルチカラー噴水。37,㎡もある噴水用プールで行われる音楽と光による壮大な演出で、毎夜多くのお客様を魅了しています。

フィリピン最強カジノ「オカダマニラ」で人生一発逆転できなかった


ディスカッション