タレント

【必見!】大陸別カジノができる国一覧

オンライン合法ホテルオークラカジノ 45790

Galaxy Entertainment Group マイケル・メッカ社長インタビュー=DIAMOND ONLINE

こんにちは。いつかはカジノで世界一周をやってみたい、カジノ大好きCajimo編集部;笠原 豪です。 今回はマカオに注目し、マカオのカジノ情報として先日泊まってきたギャラクシー・マカオの紹介をしたいと思います。 ギャラクシー・マカオはカジノだけでなくショッピングモールやレストラン街など様々な娯楽を楽しむことができる統合型リゾートなので「家族や友達とマカオを楽しみたい!」という人必見です! それでは本題のギャラクシー・マカオのカジノについて紹介しましょう。 ギャラクシー・マカオには3つのルームがあります。一般客用のゲーミングフロアに加え、「ハイリミットルーム」「ポーカールーム」が特設されていて、施設の最上階フロアには広大な広さの「テナント型カジノVIPルーム」が用意されています。 VIPルームの奥にはマッサージルーム、バスルームなどが完備されていて室内からはマカオの絶景が見渡せるようになっています。 実際に行ってみたけど入れなかった!なんてことがないようにカジノの詳細を事前に確認しておきましょう。 カジノに行くときに注意すべき基本的なマナーについて学んでおきましょう。 カジノのマナーは全世界共通なのでこれを守らないと恥をかくどころかプレイさせてもらえなくなることもあるのでしっかり覚えておきましょう。 今やスマホでいつでもどこでも簡単に写真や動画の撮影ができるようになりましたが、カジノではこれはNGな行為です。 旅行の記念にと思ってシャッターを構えると、コワ~いセキュリティーがやって来て厳重注意を受けますので絶対に止めましょう。 また、カジノのテーブルで携帯を触り、ラインやメールを行うこのともNGですので注意しましょう。 カジノのテーブルにカバンや財布など荷物を置くことはマナー違反です。 カジノのテーブルはあくまでもゲームを行う場所なので、カジノへお出かけの際はなるべく荷物を持っていかないかフロントで預ける方が賢明です。 女性でどうしてもクラッチバックなどの小物を持っていかなければならない場合が膝の上に置くなどしてスマートにマナーを守りましょう。

Group site links

マカオおよびGalaxy Macauについて: ・今後開拓すべき顧客層は、アジアの中間層。年にはアジアの中間層は20億人、うち、中国は5億人 ・Galaxy Macauは、ファミリー向け、ノンゲーミング重視の体験型リゾート -総面積に占めるゲーミング比率は、第一期(年開業)は75%、第二期(年開業)95%、第三期98% ・カジノの社会コスト、リスクに対するシステム構築、人的トレーニング、警備体制を強化。ギャンブル依存症へのカウンセリングも行い、責任ある態度で臨む。 日本市場への参入について: ・アジアにおいて、カジノを合法化しない国は非常に限定的。日本やタイなど数えるほど ・日本への参入意欲は強い。東京に事務所を構え、スタッフを置き、着々と準備を整備。国会での法案成立を待つのみ ・日本にマカオのモデルを持ち込むつもりはない。日本の風土にマカオモデルの統合型リゾートは不釣り合い ・日本でのビジネスを視野に入れ、マカオではホテル・オークラとのパートナーシップを構築。また、モナコのロイヤルファミリーとの提携。海外に進出においては「アジアとモナコのカルチャーをミックスさせた形」で行いたい ・「地域貢献」「地元ニーズの把握」「現地化」「地元優先」を重視。地域市民を優先的に雇用し、地元の業者サプライヤーと優先的に取引きを行いたい ・現段階において候補地の行政やパートナー企業との交流を進めている。 現在のところ、エンタテインメント事業は、マカオのみで展開(創業事業である建設資材は香港、中国本土にも展開)。海外展開についても慎重であり、Galaxy Macauの成功で経営の地盤を固めた最近になり、海外の開発機会の探索を開始した。日本が最初の大型ターゲットである。 マカオのカジノ産業が「脱賭博」で狙う新顧客層~ギャラクシー・マカオ マイケル・メッカ社長インタビュー 記事へのリンク。

ディスカッション