タレント

ギャンブルがギャンブルで無くなる、AI(人工知能)は常識を変えるか

競馬予想世界のカジノ 24969

JRA安田記念、アーモンド? インディ? ダービーとは正反対の波乱必至!? 【過小評価された爆弾穴馬】含む馬連3点勝負!

TOP COMMUNITY COLUMN WORLD GAME GAME RULE。 北米 アメリカ カナダ 中南米 チリ バハマ アジア 日本 マカオ 韓国 テニアン ベトナム フィリピン ヨーロッパ フランス イギリス オランダ スウェーデン イタリア モナコ オセアニア オーストラリア ニュージーランド アフリカ 南アフリカ ケニア。 白夜の国のカジノ   ~スウェーデンのカジノ・コスモポール。

ABOUT THE AUTHOR

オンラインカジノなび & 当る? 競馬予想 逃げるが勝ちよ!当る競馬予想も絶好調!

「何でもありの荒れっぷりJRAマーメイドステークス」昨年39万馬券、一昨年26万馬券の舞台裏と最新万馬券情報!

米国のブリーダーズCと並ぶ世界最大規模のイベント、ドバイワールドCデーが28日夜(日本時間同日夜から29日未明)、UAEナドアルシバ競馬場で開催される。日本からは昨年の年度代表馬 ウオッカ がデューティフリー、大器 カジノドライヴ がワールドC、JBCスプリント優勝馬 バンブーエール がゴールデンシャヒーンに出走、それぞれ各カテゴリーの世界一を目指す。  デビュー当初から世界を見据え、2度米国遠征を行った カジノドライヴ (美・藤沢和、牡4)が、今度は世界最高賞金、総額600万ドル、1着360万ドルのドバイワールドCで頂点を狙う。   タイキシャトル で98仏GIジャックルマロワ賞を勝つなど海外経験の豊富な藤沢和調教師だが、ドバイ遠征は初めて。 フェブラリーS では サクセスブロッケン との激戦でわずかクビ差敗れたが、急仕上げ気味の出走で一応の結果を出したところに、この馬の素質の高さが伝わる。18日にドバイ入り。飛行機輸送に慣れている カジノドライヴ だけに、「ある程度は仕上げていったし、大きく体調が変動する馬ではない」と、トレーナーは世界最高峰の戦いに自信をかいま見せていた。 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを 無料 で利用できます。 この他にも20以上のサービスを 無料 で提供! ナイス!( 0 )。 総賞金ランキング JRA競走馬総賞金ランキング。

~スウェーデンのカジノ・コスモポール

GIGAZINE シークレットクラブって何? ベンター氏がカジノで勝ち続けることができたのは、カジノで人気のトランプゲーム「 ブラックジャック 」で、場に出たカードを記憶して有利な状況を見抜く「 カウンティング 」という手法を身に付けていたからです。 しかし、カウンティングは単にカードを記憶するだけでなく、膨大な計算を頭の中だけでこなす必要があるため、学生時代に数学が大得意だったベンター氏でも独力でカウンティングをするのは不可能でした。そんなベンター氏の助けになったのが、無二の親友の アラン・ウッズ 氏です。 もともとオーストラリアの保険会社で、ビジネスの不確実性について分析する アクチュアリー として働きつつ妻子を養っていたウッズ氏ですが、30代半ばで「自分には家庭人は無理だ」と家を飛び出し、さすらいのギャンブラーとして世界中を旅していました。その後ラスベガスにたどり着いたウッズ氏は、グループでカウンティングを仕掛ける「カードカウントチーム」を結成。ベンター氏に先駆けて、ラスベガスのカジノで派手に活躍していました。 ウッズ氏のチームに仲間入りしたベンター氏はすぐに頭角を現し、程なくして年に万ドル 当時のレートで約18億円 を稼ぐようになります。しかし、あまりにも荒稼ぎしすぎてしまったベンター氏とウッズ氏は、ラスベガス中のカジノで出入り禁止となってしまいました。 ベンター氏とウッズ氏のコンビが次なる標的に定めたのが、当時イギリス領だった 香港の競馬 です。競馬に関する本を読みあさり、従業員を雇ってレース記録を膨大なデータベースにまとめたベンター氏とウッズ氏は、情報科学者 ジョン・ラリー・ケリー・ジュニア の理論を元に、9カ月かけて競馬の予想ソフトを作り上げます。 その後、満を持して香港に向かったベンター氏らですが、最初のシーズンのレースで惨敗を喫する結果に。軍資金の大半を失った2人は、1カ月後に香港で落ち合う約束をして、手分けして資金を集め直すことにしました。しかし、ラスベガスに舞い戻ったベンター氏は資金集めに失敗してしまいます。一方、韓国の賭場を荒らして大量の資金をかき集めてきたウッズ氏は、自らの資金の方が多いことを理由に、新しい予想ソフトで勝てた際には、分け前の90%を渡すよう要求しました。 この条件をのめなかったベンター氏はウッズ氏とたもとを分かつことを決意します。その後、ベンター氏はかつてのカードカウントチームを率いてアメリカの東海岸に向かい、 アトランティックシティ のカジノに出入りしつつ、予想ソフトの開発を続けました。競走馬のパフォーマンスが気象条件に左右されると確信し、イギリスの気象学者を訪ねて大量の手書きのノートを写させてもらった結果、実際にはなんの関係もないことが判明するなど、新しい予想ソフトの開発は困難の連続でした。 2年の歳月をかけて新しい予想ソフトを完成させたベンター氏は、数十万ドルの元手とともに再び香港の競馬場に戻ります。競走馬のパフォーマンスを計算するのに使用するデータを、20種類から種類に増やすなどの改良を加えた新しい予想ソフトは、高い精度でレース結果を予想することができました。 ベンター氏が、ラスベガスでの経験から気をつけていたのが「勝ちすぎた時には馬券を換金しないこと」でした。あまりにももうけ過ぎてしまって競馬場を出入り禁止になってしまった場合、苦労して作り上げた競馬の予想ソフトが無駄になってしまうためです。 ベンター氏と予想ソフトの開発チームが香港でクリスマスパーティーを開いた際の写真。 また、競馬では高額な賞金が発生した際にはレース後に盛大なセレモニーが開かれて、衆人環視の中で賞金が授与されることになっていますが、そこにベンター氏が現れれば、「西洋人がギャンブルで香港人の金を巻き上げている」と香港の市民の感情を逆なでしかねません。ベンター氏は、香港が年にイギリスから中国政府に 返還 されてから間もない時期に、悪い意味で注目を集める事態はなんとしても避けたいと考えていました。 そんな中、ベンター氏が迎えたのが年11月のレースです。自分の予想ソフトがはじき出した大穴に賭けてみたい魅力にあらがえなかったベンター氏は、ドル 約万円 支払って馬券を購入。レースの結果は予想どおりでしたが、ベンター氏はあらかじめ決めていたとおり、馬券を換金せずに競馬場を後にしました。 レースの後、ベンター氏はレースを取り仕切る ジョッキークラブ 宛てに「賞金を受け取らない」という内容の手紙を書いて送りました。しかし、クラブ側はその経緯を公表せず、なぜ馬券が払い戻されないのかを明かそうとしなかったため、地元紙の競馬コラムニストが「未払いのままの1億万香港ドルが幽霊のようにさまよっている」と書くなど、香港の競馬関係者やギャンブラーたちは大いに不思議がることとなります。 レースから2カ月後に、賞金の払戻期限が過ぎると、賞金は規定どおり香港の慈善団体に寄付されることになりました。これについて取り上げた香港の英字新聞South China Morning Postは「1人の勝者が大損しましたが、寄付を通じてたくさんの恵まれない人々が勝者になりました」と書いています。 その後も競馬で勝ち続け、合計で10億ドル 約億円 以上を稼いたベンター氏は、年に慈善団体であるベンター財団を設立。香港やアメリカにおけるヘルスケアや文化・芸術の振興に取り組んでいます。また、その傍らで医療情報を取り扱う会社を経営していますが、会社の利益はベンター氏が趣味で楽しんでいる競馬のもうけに比べたら微々たるものだとのこと。 ピッツバーグのオフィスでBloombergの取材を受けるベンター氏。

ディスカッション