タレント

10分間のプレゼンテーションの作り方と構成方法

プレゼント時間制限 53390

メルマガ配信はMyASP: マイスピーがオススメ!私がパーソナルプランを選んだ理由

Eric S。 Zoom では、中国、韓国、日本、イタリア、その他多数の国々で何千もの人に影響を与えているコロナウイルスの公衆衛生上の緊急事態を綿密に監視しています。当社は、この大流行の影響を受けている地域の社員とお客様と常に連絡を取り合っており、あらゆる方法でサポートを提供しています。 信頼性の高い技術、アクセスの拡大、俊敏なカスタマーサービスを提供することにより、コロナウイルスの発生の影響を受けている人々を支援するために全力を尽くすことは、 Zoom の CEO としての私の責任であり、また Zoom の企業としての責任でもあります。 より良いビデオ通信プラットフォームを構築し、人々のコミュニケーションを簡素化するために、当社は約 10 年前に Zoom を設立しました。その目的の基礎には、すべてのユーザーに対して本当の意味でのケアを積極的に提供する会社を設立するという意志がありました。ケアは、 Zoom の企業としての中核的価値観のひとつです。この言葉は、 Zoom のオフィスのあらゆる壁、社内デジタルサイネージ、また、当社の Zoomの概要 という Web ページに目に留まるように表示されています。

「zoom 時間制限」の検索結果

プレゼン資料をつくるとき、 最初から10分で収まるように作り出すことはしないで、とにかく伝えたいことすべてを盛り込んだ資料をつくりましょう。 ノートでもチラシの裏面でもいいので、まずは伝えたいことを手書きで書き出していきましょう。 スライドに見立てた四角形をたくさん書いていき、そこに伝えたい内容を書き込んでいってもいいですし、とにかく伝えたいことを箇条書きで書き出していくのでもOKです。 そこには、商品の特徴や機能、値段、使ったときの状況、使うとどんなメリットが得られるのか。 または、自社の強み、現状の問題点、改善方法、効果、根拠など、たくさんの伝えたい言葉が並んでいますね。 最初に 聴き手の関心をひくためには、聴き手にとってのメリットを伝える必要があります。 この提案を受け入れることで、聴き手にはどんなメリットがあるのかを提示しましょう。 メリットが提示できたら、次には根拠が必要です。 根拠がなければ聴き手は信用してくれません。 聴き手にとってのメリットが信頼できる根拠を、商品の機能や特徴、データ、第三者の声などを活用して伝えていきます。

ディスカッション