タレント

アクロディア、オンラインビンゴカジノシステムを開発完了、システム提供を開始

ゲーム大会タブレットでカジノ 26565

ボードゲームアプリの選び方

将棋棋士・三浦弘行九段の「 スマホ不正疑惑 」問題は大きく報道され、将棋界の外にも波紋が広がった。「タイトル戦の対局者が変更になる」という異例の事態ではあったが、これだけ世間を騒がせたのは、それだけが理由とは言えないだろう。 将棋連盟は、スマホを含む電子機器の持ち込みや対局中の外出を禁止する規定を12月14日から施行する。このような 「頭脳ゲームと不正行為(不正疑惑)」 について、他のゲームではどのような現状と課題があるのだろうか。 東大卒ポーカー世界チャンプ 成功の教え』(日本能率協会マネジメントセンター)、『東大卒ポーカー王者が教える勝つための確率思考』(中経出版)がある。 バックギャモンという、ダイスを使うボードゲームでも、年代にAIが人間を超えたと言われている。バックギャモンを趣味とする木原さんは、「もうオンラインではバックギャモンを久しくプレイしていません」と話す。 「世界中で、相手のチート行為を疑うようになり、オンライン文化自体が廃れてしまった」 のだという。木原さんは「相手がソフトを使っているかもしれないと思った瞬間に集中力がなくなってしまう」とも語っている。

頭脳ゲームにおける電子機器の脅威を考える。

新規事業は、5月11日に(株)マイクロブラッドサイエンスと血液検査システムのアプリの開発の提携の発表をいたしまして、この流れで6月8日に塩野義製薬(株)と新型コロナウイルスの抗体検査キット販売の販売提携の契約を発表いたしました。 弊社といたしましては、抗体検査により、一日も早く安心した社会生活が送れる世の中が来ることに貢献できるようにこの事業に全力をあげて取り組む事にいたしました。 抗体検査結果は多くの場合一時的な情報として扱われていました。弊社ではスマホアプリとクラウドで管理しますので組織的な情報管理が可能です。またスマホ技術を用い個人認証、改ざん防止で結果を守ります。(別サービスで開発中) 既に販売契約締結後から本格的に全社グループをあげて販売活動を開始いたしており、業績に影響を与えるような提携ができた場合は適時開示させて頂きます。 株主、投資家の皆様方には、弊社へ投資して良かったと思っていただけるような会社に一日も早くなれるようにいたしたいと思います。 今後とも何卒ご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 このたび、16期の上半期の決算発表いたしましたが、今期の事業計画からかなりかけ離れた悪い数字となっております。 私も、社長就任後、初めての決算発表であり非常に残念な上半期の決算ではありますが、大いに反省すべき点は真摯に受け止め、今後は収益に結び付く経営に邁進する所存です。 まず赤字に陥った最大の原因は、やはり新型コロナの影響です。1月末より弊社グループも受け始め、2月はかなり大きなダメージを受けました。 弊社グループの一つの収益の柱であった渋谷肉横丁は、消費税の値上がりの影響で収益が落ち込み、その矢先に新型コロナの影響を受け、渋谷肉横丁買収以来初めて、営業損益が赤字となりました。 また今後の収益の柱へ育ててゆく予定でありましたビンゴカジノビジネスも、カンボジアのバベットでビジネスを開始してまもなく、ベトナムとの国境が新型コロナで閉鎖されました。 カンボジア人にはカジノは禁止されていますから、顧客の大半はベトナム人ですので国境閉鎖になるとビジネスができなくなります。3月20日にはベトナム、カンボジア両国間で完全に国境は閉鎖され4月からはカンボジアでも非常事態宣言が発令され全部のカジノ店の閉鎖状態が続いております。ゆえにやむを得ずビジネスの目途がたたないのでカンボジアでのビンゴカジノビジネスはシステム供給の戦略に切り替え直営店は売却いたしました。 不可抗力の事態に甘んじては、現状の脱却は図る事はできないと思いますので、私としましては、下記の実施を早急に行う予定です。 新型コロナの先行きが見えない状況下ではありますが、弊社のみならず、色々な方々が同様に苦しんでおられると思います。一日も早い収束を誰しもが望んでおられますが、私どもは、なんとか踏ん張って耐え忍び、収束した暁には、いっきに攻勢をかけV字回復を目指す所存です。 先ずは、収益の柱の一つでありましたグアムのビンゴカジノ店ですが、直営店にした直後にグアム政府の非常事態宣言により閉店を余儀なくされました。ただ、直営店にした方が運営はやり易くなります。グアムで公認されている5店舗中、現在までの売上は最下位で、約年間80億円ある市場で1億円の売上しかありませんが、今、再開後の攻勢をかける戦略を立てており、3億円の売上を目指す所存です。

ディスカッション