タレント

名鉄観光クルーズチームに相談する

はじめて船上カジノ 47132

Site Navigation

日本発のクルーズ船でもカジノを楽しむことが可能なのですが、日本国籍で日本国内をクルーズするような豪華客船の場合は、残念ながら現金を賭けたりすることはできません。 スロットやルーレット、ブラックジャックやバカラといったカードゲームを楽しむことができますが、お金ではなく専用のコインを使って賭けていくことになります。買ってコインを増やすことができれば、オリジナルグッズなどの記念品といった日なものと交換してもらえます。 日本で生まれた豪華客船で、日本から発着するのだけど運行しているのが外国の船会社であるダイアモンド・プリンセスでは、外国籍という理由から日本の領海をでればお金を賭けた本格的なカジノで遊ぶことが可能です。 日本を出ると外国と同じといった理由からカジノをしても大丈夫になるので、カジノクルーズで世界各地を巡りたいのならダイアモンド・プリンセスを選ぶとよいのではないでしょうか。 ダイアモンド・プリンセスは日本の領海を出るとオープンして、気軽に遊ぶことができます。 旅行の途中ということで特に厳しいドレスコードはありませんが、マナーとしてあまりにも ラフすぎる格好は避けたほうがいい でしょう。豪華客船での船旅ですから、できるだけきちんとした格好で出かけるほうが無難です。 入場できるのは18歳以上 になります。 18歳以上なら日本で未成年とされる年齢でも入場してお金を賭けてゲームを楽しむことが可能です。 カジノ内で使われる通貨に関しては、USドルのみ使用することができます。現金でも大丈夫ですが、後で決済をすることができるクルーズカードも利用できるので、USドルを用意できなかった場合もゲームに参加できます。クルーズカードを発行するためには、船内会計用にクレジットカードを登録する必要です。カジノだけでなく船内のいろいろな施設で利用が可能だから登録をしておいたほうが便利です。 カジノでクルーズカードを利用するときの注意点は、一日に使用できる限度額が決まっているということです。一日の限度額はUSドルまでで、1航海の間では合計してUSドルまでがチップなどを購入などに使用できます。 それ以上は使用制限がかかって使えなくなるので、現金よりもクルーズカードでカジノを楽しんだほうが、負けすぎてお金を使い過ぎてしまうといったことを防ぐことができるから効果的なのではないでしょうか。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

タクシーはサンズを横目に港に向かった。やがて前方に巨大な船が見えてきた。 クルーズ客船「オベーション・オブ・ザ・シーズ」だ。 巨体に視界が遮られる。港が日陰になるほどの姿はまさに海に浮かぶ町のよう。 しかしクルーズ船のカジノはやや違う。 最大の特徴は初心者が安心して遊べることだ。中にいるのは船の客だけ。ほとんどが旅のついでにカジノも体験してみようという人たちだ。ディーラーもそれを承知し、初心者にも嫌な顔一つすることなく懇切丁寧に教えてくれる。 そんなクルーズ船のカジノにはもう一つ特徴がある。 レートが低いのだ。 レートとは1回のゲームに賭ける最低賭け金のこと。たとえばブラックジャックなら10米ドル。地上のカジノの半分以下だ。カジノで遊ぶには大金が必要なイメージがあるが、船のカジノは庶民の小遣いで遊べるのだ。 長い列。チェックイン。そして船は出港し、マレーシア往復の旅が始まった。 さっそく乗客はレストランに行き、おいしい食事に舌鼓を打った。しかしぼくの心はおだやかではない。カジノがぼくを待っているのだ。食事も早々に切り上げ、ぼくはカジノに向かった。 やはりクルーズ船のカジノである。ほとんどの人はミニマム(10ドル)で遊んでいた。 そんな中、大金を賭ける人がいた。 インド人である。 その隣にもインド人が座り、親しげに話す様子から友達同士とうかがえたが、賭け金が高額なことから裕福な人たちなのだろう。 かつてマサチューセッツ工科大学の学生が、その能力を駆使してラスベガスのカジノをやっつけたが、インド人であればもしかしたらそれ以上のシーンが見られるかもしれない。 ぼくの心は躍りに踊った。

ディスカッション