タレント

ラスベガスの両替で得する場所&4つの両替方法を紹介!旅費相場の目安

アジアカジノカード現金化 10075

IR*ゲーミング学会

ラスベガス旅行 では、 カード払いをメイン とすれば 最低限のUSドル があれば良いのかと思いきや、一概にそうとも言えません。 ラスベガスの カジノでは、現金が重宝 すること!そして、 アメリカのチップ文化 の風習により、やはり細かな現金の使用頻度が高いのです。 カジノで現金が尽きてしまっても大丈夫。ラスベガスでは、 旅行者が自由にお金を使える よう、 あらゆる場所でUSドルを引き出せるシステム が設置されているのです! ラスベガスで カジノ が併設されたホテルの カジノエリア には必ず 両替所が設置 されています!別名は「 CAGE 」。カジノで遊ぶ場合にいつでも現地通貨の USドルを補充できるように と、便利でありがたい!?サービスです。

【超高価!】シンガポールのお金事情【1000000円札!?】


緊急です。ご助言ください。

香港ドルの話をする前に、まずはマカオのカジノに行くための予備知識をおさらいしておきましょう。知っているよ!という方は 「香港ドルの両替方法」 まで飛んでくださいね。 では早速マカオの通貨ですが、冒頭でも話したとおりマカオの現地通貨は「パタカ(MOP)」です。しかし、カジノ内を含め、マカオでは一般的に「 香港ドル(HKD) 」が使用されています。 カジノ内には必ず両替所があり24時間営業ですので、困ったときはすぐ両替できるのは便利ですね。また、街のいたるところに ATM が設置されていますので、日本円から香港ドルへの両替はATMを使うのも良さそうです。詳しくは本記事のこの先で解説しています。

1.クレジットカードの現金化とは?

しかし、これらの現金化に関しては、明確な法律違反とはなっていないのが現状です。 なぜなら、買取式であれキャッシュバック式であれ、行為そのものはただ買い物をし、不要な物を売っただけ、キャッシュバックを受けただけ、という体裁ができているからです。 しかし、クレジットカード会社の規約には現金化を目的としたカード利用を禁じる条文があり、規約違反となっており、リスクのある行為であることは間違いありません。 法律的には違法ではないから、やっても大丈夫だというような考えは、絶対に持たないようにしましょう。 クレジットカードの現金化は、破産法第条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」 とみなされることがあり、その場合は、裁判所から免責(借金の免除の許可)が認められません。クレジットカードの現金化によって一時的に自己破産を逃れようとしても、最終的に自己破産すらも不可能にしてしまうことがあるのです。 どうしても現金が必要になった場合には、カードローンといった、キャッシングサービスを正しく使うのもひとつの方法です。 JCBが提供しているカードローン「FAITH」の、借りたお金を月づき一定額返済するキャッシングリボ払いの場合、金利は4。 カード JCBの実力を最大限に発揮できるカードはJCBオリジナルシリーズ。

2.クレジットカード現金化の主な方法

前者の場合、例え同一社内でも、顧客に対するサービス等はサービスを提供する部門からカジノ部門へと費用が付け替えられることになり、部門間ではアームズレングス(独立事業者間的)な取引が成立している。形式的にはカジノ部門が関連費用を負担し、関連部門が顧客に当該サービスを提供するという形になる。顧客がカジノで消費した一部の金額(カジノ・ハウスにとっての売上)を原資として顧客にサービスとして還元しているわけである。米国連邦歳入庁 IRS は長年この業界による慣行としてのコンプ(対顧客還元サービス)を接待費として利益に算入し、課税対象とすべきことを主張しているが、業界の反対、長年の慣行により、実現しておらず、カジノ産業の主張が通っている。このコンプは売上からの単純な値引きで、接待ではないという建前なのであろう。果たして諸外国ではどうなのかはマーケッテイングの程度・サービスの頻度・程度にもよると思われ、国毎に事情も変るのではないかと想定される。 カジノの実際の顧客との取引、運営の在り方は、こと高額取引顧客(VIP)に対してはかなり複雑なオペレーションとなり、場合によっては、金融取引、擬似金融取引とみなされ、規制の対象になることがある。当たり前の話だが、高額取引顧客 VIP は現金を持ち歩いてカジノ施設に来るわけではなく、(一般顧客とは異なり、例外的に)カジノ・ハウスが自らのリスクにより、何等かの形で資金(実態面ではチップ)を融通することで、顧客に対し利便性を供与し、後刻顧客との間で精算する慣行が通常行われている。一国内で処理する場合には単純だが、国境を跨ることになると実質的な送金行為をも伴うため通常オペレーションは複雑化し、一部取引は金融取引あるいは疑似金融取引として規制の対象になることがある もちろんかかる行為は通常、身元がしっかりしており、過去の支払い歴等も問題のない、信用のおける主体しか対象にしないため、通常はおかしなオペレーションではない 。 顧客が出国前に、自国にいるカジノ・ハウスの口座に一定額を送金あるいは預託(デポジット)し、これを担保に、外国に所在するカジノからチップとして引き落とすことになる。顧客が勝てば、その場で勝ち金を現金化できるが、顧客が預託金額の全部ないしは一部を負けた場合、後刻精算することになり、帰国後、カジノ・ハウスと精算する。預託金は一種の担保を取っていることになり、この範囲内で顧客にチップを貸与する 効果は資金貸付と同様である 限りにおいてカジノ側には大きなリスクはない。尚預託金とチップ利用額を相殺できれば合理的だが、これは金融行為になり、一国の制度次第では規制の対象となる。カジノ場で現金等を予め預託し、その枠内で実際のチップ交換を現金の授受無しに、書類にサインすることで行い、カジノを去る場合に精算する場合の預託金も機能的には類似的で、これをフロント・マネーと呼称する。

ディスカッション