日本人のために

【むらい】シンガポールのカジノ超絶奮闘記

ポーカーのブラフシンガポールのカジノ 61953

テキサスホールデムボーナスポーカー編

フロップする前にホールカードを枚配られただけで一回目のBETをしなければならないことを考えると、慣れない間はどういうときにプレイを続行し、どういう時はフォールドすれば良いのか迷うところではないでしょうか。 この場合のコツとしては、テキサスホールデムに慣れるまではハイクラスのカードが手元に来たかどうかを一つの目安とします。万が一誰も役が付いていない時にハイカードとして有効となるので、特にスペードのAが回ってきた時は無難にコールしていくのが定石です。逆に、9以下の数字が2枚回ってきた時は降りて次のゲームを待ちます。 もし資金に余裕があるのであれば、どんな低いカードが来ても勝負に乗っておき、他のプレイヤーのスタイルを見ておくのもとても勉強になります。熟練したプレイヤーでも最初から早々と降りる人も少なくありません。 自分は強いカードを持っていますよと見せかける時、または本当に強い役ができているときにレイズ、リレイズしてBETを引き上げていくことを 「ブラフをかける」 と言います。それ以上他のプレイヤーが出せないというほどひき上げれば自分以外がフォールドして独り勝ちできることもあります。そのぐらい強い役の時に強気で攻める場合と、全く何も無いのに周りが降りることを目論んでレイズしていく場合の2通りあります。後者は最後までプレイヤーが他にも残ってしまうとかなり不利になります。このあたりの駆け引きが初心者には難しいとされています。コミュニティカードの配列が誰にとっても使いやすい時も、チップを引き上げて自分で自分の首を絞めないように気を付けましょう。

テキサスホールデムポーカー編

カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。 入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。 オンラインポーカーで自分が鍵になる手札を持ってプレイしているように見せたり、敢えて意味のないカードを切っていくといった ブラフをかけていく のも戦略の一つです。 もし、ブラフを全然かけてこないプレイヤーが ベットやレイズを仕掛けてきたら 、そのプレイヤーはいい手を持っていることになります。

ポーカーのブラフシンガポールのカジノ 60457

美少女ポーカープレイヤー ケリーウィンターハルターちゃんのえげつないブラフ


日本のポーカーは時代遅れ?

テキサスホールデムにおけるベットには多くの種類があり、初心者にとっては少々混乱してしまうかもしれません。 しかし、慣れれば非常に楽しいギャンブルになります。 まずは、ゲーム開始後最初のベットです。 そのうち最初のベットの前にディーラー役のプレイヤーから見て左側にいる2人がブラインドベットを行います。 これはカードの良し悪しにかかわらず強制的にベットしなければなりません。 最低ベット額の半額を賭けるスモールブラインド、全額を賭けるビッグブラインドがあり、時計回りに役割が移動していきます。 ベットラウンドでは、ビッグブラインド役の左隣の人からベットを行います。 チップの上乗せをするレイズ、さらに上乗せするリレイズ、相手と同額を賭けるコール、チップを支払わず様子を見るチェック、全額賭けるオールイン、勝負を降りるフォールドが行えます。 フォールドした場合、かけた金額は全額没収です。 3回目、4回めのベットラウンドではオールインやレイズが飛び交い、白熱したゲームが展開されていきます。

テキサス・ホールデムの基本ルール

これを読んでいる方で、ポーカーを楽しまれた事のある方は決して少なくないと思います。 でも、そのポーカーはディーラーによって配られた5枚のカードと1回のチェンジで決するポーカーではありませんか? 実はそれは「クローズド・ポーカー」というもので、今ではビデオ・ポーカーくらいしかカジノゲームとしては成立していません。 ブリッジ、ジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームなのに?という疑問はごもっともです。 現在、世界の人々が、ポーカーという言葉が示すのは「テキサス・ホールデム・ポーカー」 以下、テキサス・ホールデム の事を指します。 今回は、そのハマると抜け出せなくなる程面白い、駆け引き勝負のカードゲーム「テキサス・ホールデム」のテクニックについて解説させて頂きます。 出典: テキサス・ホールデム - Wikipedia。 ポーカーで稼ぐなら、テキサスホールデムの遊び方を覚えよう! ワールドカジノナビ。 ポーカーというゲーム性において、重要な位置を占めるのがブラフ(嘘)です。 テキサス・ホールデムでは、コール・レイズ・リレイズという強気のアクションを示す事は、自分のハンドが最善の手である事を示します。 しかし、全く勝負にならないブタ(役なし)であったとしても、このアクションはプレイヤー自身の意思で自由に行えるのが特徴。 このブラフの目的は、ズバリ相手を勝負から降ろしてしまう事にあります。 例え、手札がせいぜい「Jハイの役なし」程度であったとしても、勝てると信じて行うアクション全般がブラフと言えます。 上手く決めることが出来れば、相手が「Aハイのフラッシュ」であったとしても役なしで勝つことも可能。 このテクニックによる駆け引きこそが、テキサス・ホールデム最大の魅力です。 相手を降ろす事を期待して行うブラフですが、やってはいけない事として「降りない相手には行わない」というのが鉄則です。 何も考えずに、そのままボトムヒットでのコールを仕掛けてくる相手や、適当なベットとレイズを行うだけのプレイヤーには何の意味もありません。 それどころか、負債を増やし傷口を広げるだけの結果が待っています。 この為、相手がどういったタイプであるか観察する眼力、そして手札の予測や資産状況などを把握する人間力が求められるテクニックという事を理解しておきましょう。

ディスカッション