日本人のために

競馬場のATM、融資機能廃止へ ギャンブル依存症対策

プレゼント新世代ギャンブル 60519

「何でもありの荒れっぷりJRAマーメイドステークス」昨年39万馬券、一昨年26万馬券の舞台裏と最新万馬券情報!

米ツアーのプレーオフ・シリーズは「4試合の中だけで成績が良かった人が総合優勝と10ミリオンのビッグボーナスを手に入れるため、ギャンブル性が高く、選手の真の実力が反映されない」「だから選手たちはプレーオフを重要視していない」という声がいまだに漏れ聞こえてくる。 世界の一流プレーヤーが集結!米国男子ツアーの特選フォトギャラリー だが、プロアスリートは勝ってナンボ、稼いでナンボの商売。大金が懸かるプレーオフ4試合なのだから、世界のトッププレーヤーたちが重要視していることは疑いようもない。 メジャー4大会で精魂尽き果て、プレーオフでは「気が抜けてしまう」というケースは、もしかしたらあるかもしれない。だが、今年の 全英オープン 覇者の ジョーダン・スピース はプレーオフ第1戦でも第2戦でも2位になり、今週の第3戦、 BMW選手権 では7位と健闘を続け、フェデックスカップランクは堂々1位で来週の最終戦を迎える。 全米プロ覇者の ジャスティン・トーマス は「僕たちは、メジャーと同様、プレーオフにも照準を合わせ、自分のゴルフの調子がピークになるよう努めている」と言い切り、その言葉通り、プレーオフ第2戦で勝利。そして、フェデックスカップランク2位で来週の最終戦に挑む。 そう、プレーオフ4試合はメジャー4大会が終わった後も体力、気力、勝利への渇望を維持できるかどうかの持久戦。そこだけ見ればギャンブル性が溢れているが、シーズンを通して眺めれば、我慢比べ、根比べの戦いだ。 だからなのだろう。人生やキャリアを通じて苦難を潜り抜けてきた人ほど、プレーオフで底力を発揮する傾向は以前から見られ、今年もそうなりつつある。 ギャンブル強さより辛抱強さがモノを言うプレーオフ・シリーズの戦い【舩越園子コラム】 ALBA。

JRAマーメイドステークスまたも波乱必至!? 安田記念でアーモンドアイの敗退を予告した大物記者が超高額万馬券を狙う!

特集 飛躍の秋へつなげるエプソムC。 JRA 戸崎圭太「完全燃焼」で重賞奪取へ! ブラストワンピースとインディチャンプに割って入った素質馬の復活に期待 JRA「令和の人情親子」に大物馬主も感激! エプソムC(G3)アトミックフォース得意の左回りで1年ぶりの親子Vなるか!? JRAサリオスに負けてられない! エプソムC(G3)昨年2着サラキア、今年は圧倒的「好条件」でリベンジへ! JRA・D。 エプソムC(G3)2年前の覇者サトノアーサーに復活の兆し JRAエプソムC(G3)早くもG1への「試金石」!?

いちじゅうひゃくせんまん!?

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 この記事は 有料会員記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。 この記事は 有料会員記事 です。 All rights reserved。 No reproduction or republication without written permission。

ディスカッション