日本人のために

クールシュベルポーカーのルールと基本戦略と楽しみ方

ゲームルールクールシュベルポカジノ 16603

国内の最新ライブポーカートーナメント情報をお届けします

クールシュベルは オマハ から派生したエキサイティングなゲームです。クールシュベルでは各プレイヤーに 4 枚のカード 「ホールカード」 が配られます。ホールカードは自分だけが使用できます。5 枚のコミュニティカードが表を上にして置かれます 「ボード」 。プレイヤー全員が自分の 5 枚のホールカードの内 2 枚とボードの 3 枚を組み合わせて、最高の役を競い合います。クールシュベルの役の強さについては、「 ポーカー ハンド 」ページをご覧ください。 クールシュベルは 5 カード オマハ とは異なり、ハンド開始時、プリフロップのベッティング ラウンドの前に 1 枚目のフロップ カードが表を上にして配られます。

クールシュベルのルール

クールシュベルポーカーとは、 プレイヤー(自分)と参加プレイヤー全員との勝負 で、 手札(ホール又はポケットカード)4枚の中から2枚を選び、テーブル上に開いて置かれる、全員が共通して使うコミュニティカード5枚の中から3枚を選び、合計5枚を選んで勝負する カードゲームです。 オマハホールデム のアレンジゲームで、基本ルールは同じですが、少しだけ違う点があるので、違う点だけ解説します。 ディーラーは山の1番上のカードを、不正防止の為に1枚横へどけます(バーン・カード)。そのまま 2枚続けてテーブル上に開いて置かれます。これをフロップと呼び、スモールブラインドから順番に行動選択をしていきます 。

ディスカッション