日本人のために

ホテルオークラマカオ : HOTEL OKURA MACAUの詳細を見る

賭けポイントホテルオークラマカオカジノ 64729

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 LINEアカウントにログインして商品を予約すると、LINEポイントが還元されます! 詳しく見る。 マカオはカジノと世界遺産が有名になりました。中でもコタイ地区は大型リゾートホテルが多く建ち並び、そのホテル選びで楽しみ方が大きく変わるため、選び方がとても重要です。 今回紹介するのは「ホテルオークラマカオ」。年に開業したギャラクシー・マカオリゾートの一角にある日本のオークラブランドのホテルです。リゾート内には他に「JWマリオットマカオ」「ザリッツカールトンマカオ」「バンヤンツリーマカオ」「ギャラクシーホテル」「ブロードウェイホテル」があり、リゾート内は広大なプールにショッピングモールやカジノが併設されています。 広々とした天井の高いフロントには、日本人スタッフが常駐しています。みなさん着物なので、日本語で話したい場合は着物の女性スタッフに声を掛けると優しく対応していただけます。ホテルに到着すると不安になりがちですが、こうしたところも日系ホテルの良いところですね。 ギャラクシーマカオを満喫するなら夜です。カジノは24時間営業、モール内の飲食店も一部開いているので、夜の楽しみ方としてはショー、夜景にカジノと色々あります。家族やカップルで、ちょっとだけ楽しみたいという時は、リゾート内のショーを観覧すると良いですよ。 写真はきらびやかなレーザー光線と音楽で楽しめる夜のショー。SNS映えする写真がたくさん撮れますよ。 カジノは24時間営業なので、いつでも時間があるときに入ることができます。子供は入れないのと日本人女性はパスポートチェックされることが多いので、心配な方はパスポートを持っていくと良いですよ。カジノエリアも巨大で、色々な遊びができるので、やりたい人は必ず予め遊び方をチェックしておくと良いですよ。 こちらはシャワールームと浴室。客室との仕切りはガラス張りで、シースルーになっています。ブラインドを開けて入ると、客室越しに夜景も見えて解放感がありますよ。もちろんブラインドで隠して使用することもできます。 浴室は広々としていてバスピロー付きなので、体が滑って湯船に顔が沈む心配もありません。浴室には壁がけのテレビも付いているので、ゆっくり浸かって旅の疲れを癒しましょう!

タイパ地区最大級の統合型リゾート。6つのラグジュアリーホテルとカジノやブランドショップ、プールなどを擁する複合施設です。

北インド料理レストラン「Spice Garden」。 リッツカールトン・マカオのサイト Googleマップで見る。 ログイン | マイナビ(予約確認) マイナビ。

2.カジノが楽しめるおすすめホテルは?

こんにちは。いつかはカジノで世界一周をやってみたい、カジノ大好きCajimo編集部;笠原 豪です。 今回はマカオに注目し、マカオのカジノ情報として先日泊まってきたギャラクシー・マカオの紹介をしたいと思います。 ギャラクシー・マカオはカジノだけでなくショッピングモールやレストラン街など様々な娯楽を楽しむことができる統合型リゾートなので「家族や友達とマカオを楽しみたい!」という人必見です! それでは本題のギャラクシー・マカオのカジノについて紹介しましょう。 ギャラクシー・マカオには3つのルームがあります。一般客用のゲーミングフロアに加え、「ハイリミットルーム」「ポーカールーム」が特設されていて、施設の最上階フロアには広大な広さの「テナント型カジノVIPルーム」が用意されています。 VIPルームの奥にはマッサージルーム、バスルームなどが完備されていて室内からはマカオの絶景が見渡せるようになっています。 実際に行ってみたけど入れなかった!なんてことがないようにカジノの詳細を事前に確認しておきましょう。

1.初心者でも大丈夫?マカオカジノの特徴と注意点

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。

マカオ観光 マカオは世界最大級の巨大カジノリゾートタウン


ディスカッション