チャンス

【タロットの占い方】初心者必見!スプレッドの方法やカードの意味を解説!

徹底分析カードスプレッド 66576

ムーミンハウスは自力で作る “誌上の大河ドラマ”

タロットカードには大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカードがあって、全部で78枚構成 になっています。全て使う占いと、大アルカナだけで占う占い方、また特殊な方法として小アルカナだけで占いを行う人もいます。 マルセイユ版とウェイト版にはまず歴史上の違いがあります。 マルセイユ版のほうが歴史は深い のですが、現在多くの占い師が使っているのはウェイト版になります。また、多く販売されているのもウェイト版です。 カードの内容にも一部違いがあります。 8と11のカードの内容が、マルセイユ版とウェイト版では逆 になるのです。マルセイユ版は、8が正義で11が力ですが、ウェイト版は8が力で11が正義となっています。 そして、小アルカナすべてに絵柄があるかどうかです。 ウェイト版には絵柄がすべて入っている ため、初心者向けとして多く販売されているのです。 タロット占いをこれから始めようと思う人は、まずスプレッドという言葉を覚えておくと説明がわかりやすくなるでしょう。 スプレットとはタロット占いの並べ方の事です。 カードの枚数がたくさんあるし、向きで意味が変わってくるなんて複雑そうと思われるでしょうが、 意外と単純で誰にでも出来る占い方法 です。そのために、古くから多くの人に愛され、長く続けられている占いなのです。

ディスカッション