チャンス

【フィリピン】マニラでカジノ!初心者でもわかる遊び方と人気のカジノホテルを紹介!

為替レートノブホテルマニラカジノ 9399

日本からマニラのカジノへのアクセスは?

マニラ エンターテインメント・遊ぶ マニラ カジノ フィリピン エンターテインメント・遊ぶ フィリピン カジノ。 日本からマニラまでは各空港から直行便が運航しています。利用できるのは成田・羽田・名古屋 セントレア ・関空。飛行時間は4時間50分から5時間ほどです。マニラのカジノはマニラ空港の近くに周流しています。少し空港から距離があるカジノもありますが、タクシーで10分程度でいける施設ばかりです。中心地モールオブアジアから無料シャトルバスも利用可能です。 フィリピンへの旅行も 航空券とホテルをセットで お安く予約! 札幌 - つけ麺。 池袋・巣鴨・新大久保 - ランチ。 横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理。

フォートラベル公式LINE@

Hyatt City of Dreams Manila  ハイアット シティ オブ ドリームス マニラ。 当ホテル(日本語) 、 トリップアドバイザー(口コミ) 、 agoda(くちコミ) 、 expedia(ゲストレビュー) 、 4travel。 ソフトオープン年12月14日、正式開業年2月2日、客室数。 当ホテルは、マニラ最大級のカジノリゾート「シティ オブ ドリームス マニラ(COD)」の一角を占めています。CODには当ホテルの他、ノブホテル、クラウンタワーズホテルの3軒のホテルがありますが、ノブホテルは当ホテルと同価格帯で、建物やプールが当ホテルとつながっています。クラウンタワーズは当ホテルよりさらに高級で料金も高くなっています。3つのホテルの建物は片仮名の「コ」の字のような構造になっており、コの字の上の横棒がクラウン、縦棒がノブ、下の横棒がハイアットと考えるとわかりやすいです。 当ホテルは金色に輝く2棟のタワー(ハイアットウィング1とウイング2)で構成されています。当ホテルの正面入口の奥にはカジノがあり、正面右手がウィング1、正面左手がウィング2となっています。当ホテルのウィング1とノブホテルのサウスウィングは建物内でつながっていました。 ハイアットは米系の大手ホテル運営会社です。創立は年で、ジェイ・プリツカー(Jay Pritzker)がロサンゼルス国際空港に隣接するハイアット・ハウス・モーテルを購入したのが同社の起源となります。現在もプリツカー家がグループを運営しており、同家はアメリカを代表する富豪です。年6月現在、マニラのハイアットは当ホテルのみですが、第4四半期にグランドハイアットがボニファシオグローバルシティに開業の予定です。 なお、CODは、フィリピンの華人大富豪ヘンリー・シー氏が率いる「SMグループ」と、香港・豪州企業が共同出資しマカオでカジノを運営する「メルコクラウンエンターテインメント」の合弁会社「メルコ・クラウン(フィリピン)リゾートコーポレーション」が所有・運営を担っています。 当ホテルはニノイ・アキノ国際空港に近いマニラ首都圏パラニャーケ市のエンターテインメントシティ内にあるCODの中に位置しています。CODはマニラ湾沿いにあるリゾートワールド、ソレアに続く第三の大型カジノ施設です。CODの敷地内には、ホテルやカジノに加えて、ハリウッドのドリームワーク アニメーションが提供する世界初の家族向けエンターテインメントセンター「ドリームプレイ」があります。また、高級感の漂うショップやレストラン等もありますが、あまり気楽に利用できるような感じではありません、CODの敷地外に出てもだだっ広い埋立地があるだけで、周辺にファーストフードやコンビニ等はありませんが、無料のシャトルバスを利用してSM Mall of Asia(MOA、モール・オブ・アジア)に行くと(CODからの所要時間は約5~10分、「11。 サービス」参照)、一通りのものは揃います。 当ホテルから国際空港の第3ターミナルまでは、渋滞がそれほどない日曜の昼の時間帯で約20分でした(マーケットと細い路地を抜けるのに少し時間がかかる)。料金はメーターペソ(+Grab Taxi利用料40ペソ)でした。 客室にはスタンダード(36㎡)、デラックス(50~51㎡)、クラブ(同)、ベイビューデラックス(55㎡)、アクアスイート(85㎡)があります。スタンダードはハイアットウィング1にあり、バスタブのない客室になります。その他はハイアットウィング2にあり、バスタブ付きの客室になります。また、クラブ以上のカテゴリーにはラウンジ利用特典が付きます。 自分が利用したスタンダードは一番安い客室ですが、バスタブがない分、その他の部分には十分なスペースがあり、使いやすいサイズでした。キングサイズのベッド、大きめのテーブルとソファ、十分なサイズのデスクや収納家具等が置かれていても、まだ室内のスペースには余裕がありました。また、まだ新しいため室内はとてもきれいで、高級感もありました。当ホテルのウェブサイトには「木目のストライプとマスタードやパプリカ、チョコレートを基調とした温かい色合いでまとめたゲストルーム」とあり、総じて落ち着いた雰囲気でした。また、寝室と浴室の間もガラス張りではありませんでした。 デスクワークの環境面では、「人間工学に基づいて設計されたデスクチェア」とウェブサイトに記載があり、横に長いワーキングデスクと座り心地のよい椅子がありました。また、デスクには引き出し(小)がついているほか、デスクの正面にコンセントが2つあり、大変に使いやすい設備・構造でした。また、空コンセントはこの他にベッド脇3、寝室内その他4、浴室内1の計10カ所にありました。 AV機器としては、インタラクティブインターフェース付きのLG製42インチ液晶テレビとiPodドッキング ステーションがありました。機能面では、テレビ画面でホテル施設の情報や支払い、メッセージ等が日本語で確認できるようになっていました。また室内の照明はベッドの周辺で点灯・消灯できました。 洋服等の収納にはクローゼットと多数の棚や引き出しがあるほか、小型のスーツケースを広げたまま利用できるバゲッジラックもあり、収納面はかなり充実していると感じました。

ディスカッション