チャンス

『ギャラガ』から生まれ『スーパーマリオ』が育てた「ボーナスステージ」という言葉──ゲームはなぜ「面」という単位を使い、いつから「ステージ」と呼ぶようになったのか

モバイルゲームボーナスステージ 28903

ビデオゲームの「面」という考えかたはインベーダーゲームが由来

農民の「ごんべ(権べ)」を操作し、 悪代官 の屋敷まで殴りこみにいくという内容 [1] 。2人協力プレイも可能で、 プレイヤー2 は「たご(田吾)」を操作する [1] 。生活苦にあえぐ農民たちが蜂起するという設定は 百姓一揆 を元にしている。しかし味方サイドのキャラクターはプレイヤーキャラクターの人のみで他の仲間は一人もおらず、「一人でも一揆ができる」「一揆なのに、なぜか敵が忍者である」など荒唐無稽でコメディチックな内容となっている。ジャンルは多方向スクロールの アクションゲーム とされることが多いが、内容的には シューティングゲーム の要素を多く含むゲームである。開発はサンソフトが行い、音楽は小井洋明が担当している。 イラストレーターの みうらじゅん が初めて クソゲー という言葉を使用したソフトとして知られる。 当時としては珍しく縦書きの日本語を多用したメッセージ表示が特徴でプレイデモや オープニングデモ 、 ステージ の合間など色々な場面で表示される日本語メッセージは独特の雰囲気を醸し出していた。登場人物の台詞の内容は 時代劇 の内容を誇張したようなギャグテイストになっている。 元はアーケードゲームだが、サンソフト(サン電子)が開発した作品を ナムコ が販売するかたちで設置されていた。後に年 11月28日 に発売された [2] ファミリーコンピュータ (以下ファミコン)向けの移植版の方が知名度が高い。 売り上げ本数は好調で、『いっき萌バイル』の携帯サイトにミリオンセラーと紹介されているが、実際には「ミリオン(万本)には届かないくらい」 [3] である。

一般化しつつある「ボーナスステージ」はノーリスク&イージーの意味

そもそも いつからゲームの「面」をステージと呼ぶようになったのか? なかには「ラウンド」と呼ぶものもあるけど使い分けは? と掘り進めれば疑問は積もるばかり。 調査主は、 ホビーパソコンの歴史 などで知られるタイニーP( Kenzoo )。   PCにボカロっぽいことをさせたり ……とまあニコニコ界隈で活躍するお方です。 中の人/ タイニーP。

モバイルゲームボーナスステージ 7009

パチスロは、女性には比較的なじみが薄い存在かもしれない。しかし、キャラクターが登場する「携帯パチスロアプリ」なら気軽に遊べそうだ。

PICK UP. PICK UP. 1 0. IT 1 3 4 5 6 CEOAmazon 7 8 3 9 7. 3 4 5 3 6. 7 8 9 3 4 45 2 - 3 … 4 5 7 9 … ….

ディスカッション