チャンス

カジノ法案・最新情報まとめ!【2019年版】

カジノを含む統合型リゾート新オンラインスロット 38931

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

統合型リゾートとは(英:Integrated Resort、略称:IR)カジノ施設とMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などが併設された施設のことです。 和歌山マリーナシティは、アミューズメントパーク、リゾートホテル、温泉、フィッシャーマンズワーフ、ヨットハーバーなどが揃う人工島です。 また、日本で唯一、セーリング競技のナショナルトレーニングセンターを擁し、東京オリンピック・パラリンピックに向けた選手・スタッフ育成の場として利用されているほか、セーリング世界選手権大会の開催地にも選定されています。 アクセス面では、関西国際空港から車で約45分と利便性が非常に高く、空港から高速船の就航も可能となっています。

2. 有力候補地はどこ?

ランドカジノ、オンラインカジノにはそれぞれの運営上の制約がある。オンラインをお金が賭けられるTVゲームくらいに考えている人も見受けられるが、実際はプレイヤーの入出金が全てデジタルで記録されるので、ランドベースよりも透明性という点では高い。 またランドベースと違ってプレイヤーの監視もできるので、セキュリティの面で非常に高いレベルを維持している。 またラスベガスで行われた、世界最大のランドカジノ関連の見本市ともいわれるGlobal Gaming Expo(G2E)2013にコナミ(アメリカの子会社であるKonami Gaming)が出展。周知の通りコナミといえば、日本ではオンラインゲームや、パチンコ・パチスロの開発で知られる。海外では米国をはじめ、オーストラリアやシンガポールで現地法人を設立し、現地のカジノの遊技機器等のライセンスを取得したうえで、ランドカジノへスロットマシーン等を卸している。 従来はそうした海外事業としてランドカジノ向けのスロットマシーン等の製造販売等を手掛けていたが、G2Eの開催初日に、オンラインカジノ業界へ参入を示唆する発表が行われた。 その後Konami Gamingはイギリスのオンライン開発会社「ゲームアカウントネットワーク」と戦略的提携を発表。この提携でコナミのランドカジノ用のスロットマシーン等を、オンラインゲーミング業界に持ち込む目論見がある。 オンラインギャンブルの基礎がないコナミとオンラインのプラットフォームの開発やゲームのオンライン化のノウハウをもつゲームアカウント社との理想的な提携が実現したといえるだろう。 日本もその裁定を支持する立場をとっている以上、規制を維持することは不可能であり、そもそも自由貿易に抵触する可能性もあるのではないだろうか。 何よりもプレイヤー目線で、安全で楽しいオンラインカジノが実現するのであれば、これ以上の議論はないだろう。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。 Tags: カジノジャパン。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです! 世界のカジノ都市を代表するアメリカ・ラスベガスには、カジノホテルがたくさん。ラスベガス最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」は、まさにオールド・アメリカンなカジノのイメージそのもの。 映画のようなクラシックなカジノ体験が待っています。

ディスカッション