チャンス

年収400万円からスタート? “ブルーオーシャン職業”「カジノディーラー」って、どうすればなれるの?

女性ディーラー楽園リゾートカジノ 20150

初体験のパラダイスカジノ ウォーカーヒル

はたして真相は? カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。 ガラス扉の向こうから、「ベット!」と弾む声。続いて、わっと上がる笑い声。自然光がいっぱいに差し込んでいて教室内は明るい。みんな楽しそうだ。 ここは全国に5カ所を開校し、およそ人が学ぶカジノディーラー養成スクール「日本カジノ学院」。「ようこそ!」と笑顔で迎えてくれたのは、日本カジノ学院代表・贄田(にえだ)崇矢さんだ。 「ここはカジノ産業で働きたい人のために、ディーラーに必要な技術や知識を教えている学校です。入学すると、まずは4つのゲームの習得から始まります。ブラックジャック、バカラ、ルーレット、ポーカーですね。これらはどこのカジノにもある基本的なゲームです。ほか、チップのさばき方、シャッフルの仕方といった基本的なルールを覚えていくんですよ」(贄田さん) やや特殊な職場だが、賭博マンガやVシネマで描かれるような危険やイカサマは大丈夫なんだろうか? 「一般的なカジノは遊戯台の周りに複数の監視カメラがついていて、ゲームの展開を逐一記録しています。これは、お客さまからクレームが出たときに、スポーツの試合のようにカメラでリプレイして勝負が適正かを判定するためです。こうしたカジノゲームならではのアクションもディーラーとして学ぶ技術の一つですね。フィクションでの描かれ方のせいで危ないイメージがありますが、カジノとは本来、健康的な場所なんですよ」(贄田さん)。 ところで、カジノディーラーにはどんな人材が求められるんだろう? 「カジノで働く理想の人材は、誠実であること! これは万国共通です。一夜にして1億円もの大金を動かすこともあり、常にお金を触る職業であるため、犯罪歴がある人はなれません。海外では社会的にも信用度の高い仕事で、たとえるなら銀行員のようなもの。ディーラーが最も住宅ローンが組みやすいとされる国もあるほどなんです」(贄田さん) さらに忘れてはならないのは、カジノディーラーとは、技術職であると同時に接客業でもあることだと言う。 「1つの遊戯台で、最大9人を同時に見ながら進行するゲームもあり、コミュニケーション能力が高く、気が利く人が向いていますね。ゲームの進行スピードは早ければ早いほどよく、そのためには鮮やかにカードをさばく必要があります。でも、それらの技は練習すれば早くなるから大丈夫ですよ」(贄田さん) さて、カジノといえば海外客も大事なターゲットだ。どのくらいの英語力があればいいのだろう? 「一つのテーブルを切り盛りするだけのディーラーであれば、英語力はほぼ不要です。というのは、カジノではカメラにちゃんと映るように、ゲーム中の意思はアクションで伝え合うからです。でも、ディーラーの上の役職として、複数のテーブルを統括するフロアマネージャーや複数のフロアを見るピットマネージャーなどに就くと、高い英語力が必要になりますね」(贄田さん) カジノディーラーの世界はピラミッド式。出世すればするほど英語を話す機会が増えるそうだ。 そうそう、出世といえばカジノディーラーの年収って? 「海外では、通常のディーラーで約万円の年収からスタートすると言われていますね。管理職になると、約1,万円ほどになるとも。お客様からのチップを入れれば、それ以上の収入が見込めるはずです。日本での年収の相場はまだわかりませんが、管理職以上を目指せばチャンスはたくさんあると思いますね」(贄田さん) この日、プレーヤーとしてゲームを楽しんでいた生徒・小倉さんは、昨年7月にこの学院に入学。OLとして働きながら技術と知識を学び、今年ベトナムのカジノへの就職が決まった。 「ずっと海外で働いてみたかったんです。技術職だから場所が変わっても働けるし、これから日本にも誕生する予定だから働き方の選択肢も広がるかな、と」(小倉さん) 世界には各国にものカジノがあり、小倉さんのように、海外で働くことを望む生徒は多い。生徒たちは、学院からの紹介でワーキングホリデー制度を使い、海外のカジノで経験を積みたいと考える。 「海外でディーラーとしての実務経験を積み、同時に英語も学んで、日本に戻ったらカジノの募集に応募する。そしてディーラーより上のフロアマネージャーからスタートを切る。そんなキャリアプランを立てる生徒さんも多いんですよ」(贄田さん)。 一方、当学院で講師を務める目代皓太郎さんは、管理職より現場に夢中だ。 「カードを触って、チップをやりとりする、この現場の緊張感が大好き。いつか考えが変わるかもしれないけれど、今はずっと現場でディーラーをしていたいと思うくらい楽しいですよ!」(目代さん) 目代さんが言うように、現場を極め、生涯いちディーラーという人も出てくるかもしれない。まるで老舗のバーを切り盛りする、味のあるベテランバーテンダーのように、年齢を問わずに働き続けることも可能なんだろうか? 「日本では未定ですが、例えばマカオのカジノでは定年がありません。だから、高齢のディーラーもいらっしゃいます。日本も、今は年金プラス万円が必要とも言われる時代で、勤めた会社を定年した後にディーラーになるという道も十分あり得るのでは。また、子育てが終わった後でも仕事に復帰しやすいことから、ディーラーを目指す女性も多いんですよ」 (贄田さん) まさに"手に職"。現存のカジノ施設の多くは24時間営業で、1ヶ所のIR(複合型リゾート)型カジノでだいたい1,人~3,人のディーラーやスタッフが雇用されている。日本におけるIR型カジノの誕生は〜年頃になると報じられているから、今すぐに就職できるわけではないけれど、今からカジノの知識を学んでみるのもいいかもしれない 【取材協力】 日本カジノ学院 住所:東京都渋谷区神南 2F 電話番号: 。

「カジノディーラー」の記事一覧

カジノディーラーの年収の平均は、 万円 でした。(海外サイト・海外口コミ調べ) 最大年収:約万円 平均年収範囲は 万円~万円 となっています。 お給料(月収):約46万円 最大年収:万円以上 日本ではまだカジノ自体が違法なため正規のカジノディーラーは存在しません。そのため海外の情報から集めました。 カジノディーラーの給与体系はほとんどのカジノが時給と、カジノで遊ぶお客様から貰うチップが給料になっています。 時給もその国やアメリカだとその州が定めた最低賃金のところがほとんどのようです。 例えば有名なカジノがあるラスベガスがあるネバダ州の最低賃金は時給約円なので、仮にカジノディーラーとしてラスベガスで1日に8時間働いても円です。 フルタイムで月に20日働いたとして月給14万万円で、これにお客様から貰うチップが加算されます。 そのためカジノディーラーの年収は働くカジノの規模によってお客様から貰うチップの金額が大きく異なり、それと景気やシーズンによっても違ってきます。 カジノディーラーの職種別年収を予測してみると、 マカオのカジノディーラー:万円~万円以上 ラスベガスのカジノディーラー:万円~万円以上 世界的にも有名なカジノと言えばマカオとラスベガスがよく知られていますが、カジノディーラーの給与体系はどちらもほとんど同じで時給とカジノで遊ぶお客様から貰うチップが主な収入です。 アメリカのネバダ州にあるラスベガスの1年間の売上高は66億ドル 約億円 で、一方のカジノは1年間の売上高はラスベガスを上回っています。 さらにマカオ政府の統計によるとマカオのカジノで働く人の数は、マカオの労働人口の11%に相当する約3万人が働いています。 マカオのカジノで働くカジノディーラーの平均年収は公務員の2倍以上と言われていて、日本のサラリーマンの平均年収とあまり変わらないようです。 マカオもラスベガスも客様から貰うチップはテーブルに設置されているボックスに入れることが義務付けられていて、チップを回収するスタッフが監視カメラがある部屋に運び警備員が立ち会うなかでチップが数えられるようです。 そして給料日にチップも平等に分けられ支給されるのでカジノディーラーの年収も、大きなカジノであればあるほど多くなるのが普通です。 各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ 最大年収を迎える50代の年収が。 カジノディーラーの年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 万円~ (推定) 40代で 万円~ (推定) 50代で 万円~ (推定) 30代~50代までの年収増加は約 万円以上 となっています。 カジノのゲームは大きくテーブルゲームとゲームマシンとあり、カジノディーラーの仕事はテーブルゲームをするお客様を楽しませることです。 テーブルゲームにもいくつかあり例えばカジノの女王とも呼ばれているルーレットでは、カジノディーラーがベルを1回鳴らしてお客様にゲームの開始を知らせます。 ベルを合図にお客様は自分が好きな数字や場所にチップを置き、全てのお客様が起き終わったのを確認してカジノディーラーはルーレットの上部のノブを使ってホイールを回転させて、回転方向と逆の方向にボールを投げ入れます。 ボールが回転している途中でもお客様はチップを置くことができますが、カジノディーラーはタイミングをみてノー・モア・ベットと告げてベルを2回鳴らしベットの終了をお客様に知らせます。 カジノディーラーはボールが落ちた数字を宣言し、お客様が外れたチップを回収して的中したベットには配当のチップをお客様に上げます。 ルーレットの他にカジノディーラーが行うテーブルゲームとしてポーカーやバカラなどのトランプゲームがありますが、カジノディーラーの仕事はただ単に勝負に勝つことではなくいかにお客様を楽しませるかです。 カジノで働くカジノディーラーの給与は時給とお客様から貰うチップだけで、企業で働くサラリーマンのようにボーナスも昇給もありません。 時給も法で決められた最低賃金なので、お客様から貰うチップが少ないと生活もできません。 しかしカジノディーラーがお客様から貰うチップの金額はレストランなどとは違いカジノによっても異なりますが、ラスベガスだと勝っているお客様から貰うチップは ドルからドル ほどです。 よく勘違いされるのはカジノディーラーの給与はお客様に勝てば勝つだけ増えると思っている人が多いようですが、むしろその逆でお客様が負ければ負けるほど貰うチップは少なくなります。 つまりカジノディーラーで年収万円以上の高年収を稼ぐのであれば、できるだけお客様が勝つようにアドバイスすれば貰うチップの金額も大きくなります。 またできるだけ規模が大きいカジノで働けば、それだけお客様の数も多くより稼げるチャンスが増えます。

カジノディーラーの平均年収を比較し、調べて、転職や就職に活かす検証、分析サイトです。

サイパンといえば、 真っ白なビーチ と マリアナブルー の青い海が見どころですが、他にも海外リゾートバカンスの楽しみ、 カジノ を忘れてはいけません! そこで今回はサイパンの カジノの場所 や 施設情報 、 ドレスコード や ゲームの楽しみ方 までご紹介!ビーチや島内観光だけではなく、サイパンのカジノを満喫するための おすすめ最新情報 をお伝えします。ぜひサイパン旅行の参考になさってくださいね! 北マリアナ諸島に属する 常夏の楽園 、サイパン島!小さな島ですが、 透明度の高い ビーチ 沿いには リゾートホテル が並ぶ ビーチリゾート 。主にアジア各国からの旅行者がひと時のバカンスを満喫するために訪れています。 世界のリゾート観光地と同様に、サイパンの 夜遊び に欠かせないのが カジノ 。昼間は 島内観光 や ビーチ 、 プール サイドでのんびり過ごして、 夜はカジノ で一興!というのが遊べる 大人のリゾートバカンス の楽しみ方。 しかし、サイパンの カジノは情報が少ない ためあらゆるサイトで不確かな情報が錯綜しているのが現状です。当記事でサイパンのカジノの 最新情報 をしっかりと予習してくださいね! サイパンの夜遊び事情について詳しく知りたい方は、「 多彩なサイパンのナイトライフ!夜遊び6選~クラブからマーケットまで~ 」をご覧ください。

ディスカッション