チャンス

日本カジノ法案のメリット・デメリット集約!導入するとどうなる?

カジノを打ち負か現金化 6173

カンボジアのカジノについて

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。 日本經濟新聞 が年8月に伝えた所によると、IR運営大手の シーザーズ・エンターテインメント (合衆国)は、「日本でのIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し、日本市場から撤退する」と発表した。同社は東京や横浜、大阪、北海道・苫小牧でのIRの開発を目指し、年に整備構想案を公表していた。最大市場の米国など既存事業に経営資源を集中させる [20] 。翌年(年)4月、 横浜市 長・ 林文子 はカジノを含む統合型リゾート施設について、事業者に求める条件などをまとめた実施方針の公表時期を当初の年6月から同年8月に2ケ月延期すると明らかにした。林は「新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を総合的に勘案し、最重要のことに専心すべきだ」と述べ、感染症対策を最優先する考えを示した [21] ほか、同年6月4日には 大阪市長 の 松井一郎 が記者会見で、年度末としていた開業時期が1、2年延期されるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの影響で参入を目指す事業者との協議が進んでいないことを理由に挙げ、「投資余力が落ちているということも勘案しながら開業時期を見定めていきたい」と述べた [22] 。 ハナ金融投資研究員は日本でカジノ解禁された場合には真っ先に韓国に来る 中国人 観光客が減少し、韓国の 外国人 カジノが打撃を受ける可能性が高いとし、法案が可決されれば 韓国 内の外国人向けカジノの売り上げが減少するかもしれないと懸念を示した。投資家も同様に反応して韓国のカジノ関連の株価が下落した [23] 。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。

カジノを打ち負か現金化 50585

IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する法的問題

noteで、私がパチンコ業界誌『PiDEA』(ピデア)に連載していた記事に加筆して公開しています。 「何でも好きに書いてください」と言われて続けていた連載だけに、パチンコと関係ない時事ネタも政権批判、警察批判も本当に自由に書けました。  年11月号に 元警視庁巡査部長でジャーナリストの黒木昭雄さんの追悼記事 を書いて、いったん連載は中断していました。  年3月11日、東日本大震災が発生します。同年夏、私は『PiDEA』編集部から「震災後の警察の動きについて書いてほしい」と依頼され、快諾しました。そして、書いたのが以下の原稿です。  しかし、この原稿はボツになってしまいました。『PiDEA』発行会社の社長が読んで、「これは載せられない」と判断したそうです。編集部によると、「『出玉の換金は違法』と言うと、パチンコ業界が成り立たない」とのことでした。  以後、私は『PiDEA』で記事を書いていません。 ところが、警察庁のもくろみははずれかけている。  まず、パチンコ業界が斜陽化し、天下りを受け入れる余地が少なくなった。これは警察庁の自業自得といえる。  パチンコに限らずギャンブルは胴元の取り分がある以上、確率的に客が必ず負ける。胴元の取り分を薄くして、客に還元しないと、商売が続かない。  しかるに警察庁は次から次へと天下りをパチンコ業界へ送り込み、そのコストを負担するため、業界は客に還元できない。あまつさえ、ギャンブル性が高いパチンコ台を蔓延させて、より客からむしり取ろうとする。客離れが起きるのは当然だ。  加えて、近年のパチンコバッシングがある。年12月に発売された新書『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』(若宮健著、祥伝社刊)がベストセラーとなっていることが象徴的だ。  この新書の内容には、「事実誤認が多い」とパチンコ業界から批判が出ている。しかし、筆者が考える問題点は、そこではない。多くの国民が事実誤認に気づかないままか、事実関係のあやふやさには目をつぶり、「パチンコは全廃するべき」という著者の主張に賛同していることである。これはパチンコの客離れや、そもそもパチンコ経験がない国民の増加とも無縁ではない。  パチンコバッシングの主張の柱に、「パチンコは賭博なのに、警察が取り締まらないのはおかしい」というものがある。若宮本の売れ行きを見れば、国民感情と合致していることは間違いない。「パチンコの違法化・大幅課税を求める議員と国民の会」や「在日特権を許さない市民の会」が同様の主張を掲げて集会やデモを行うと、相当な人数が集まる。  警察は第一義的に取り締まり機関である。その存在価値に疑義を抱かれながら、パチンコ業界へ天下りを続けることはできない。警察庁とパチンコ業界との「ズブズブな関係」は、もう目立ちすぎている。 新聞は日々、警察から情報を提供されて紙面を作っているため、「警察が裁量で『黙認』している」裏側に、警察庁とパチンコ業界との「ズブズブな関係」があることまでは触れない。しかし、パチンコが「事実上の賭博」にあたることは断定して書いている。  パチンコ業界には、「3店方式」を守っている限り、パチンコが賭博にあたらないと信じている人が多い。しかし、「3店方式」など、何の気休めにもならない。むしろパチンコホール、景品交換所、景品問屋の「3店」が賭博罪の共同正犯にあたると考えるべきである。  警察庁からして、「3店方式」が合法だと言ったことは1度もない。「直ちに違法となるものではない」とくり返すのみである。  福島第1原発の事故のあと、「直ちに健康に影響を与えるものではない」という言い方がくり返された。これは、多くの国民が気づいているように、「結局、健康に影響を与える」という意味だ。「3店方式」も同じで、「結局、違法となる」のである。  もし、誰かが「3店方式」を賭博罪で検察庁に刑事告発したら、どうなるか。検察庁は警察に気をつかって、不起訴処分とするだろう。  しかし、告発人が不服として検察審査会に申し立てたら、どうなるか。検察審査会は国民から選ばれた11人が審査する。先に述べた国民感情からしても、「起訴相当」(強制起訴)とされる可能性がないとはいえない。  たとえ強制起訴までされなくても、一連の動きが報道されれば、警察庁とパチンコ業界との「ズブズブな関係」に、ますます注目が集まる。 パチンコ業界誌で「換金」はやはりタブーだった 9。 警察庁とパチンコ業界は「ズブズブな関係」 警察官の天下り先を急拡大 パチンコバッシング 「3店方式」の違法性 パチンコ業界も消費者金融業界と同じ末路か。

緊急です。ご助言ください。

法と経済のジャーナルトップ   >   西村あさひのリーガル・アウトルック。 高木 智宏 (たかぎ・ともひろ)  年、東京大学法学部第一類卒業。年、ノースウェスタン大学ロースクール卒業 LL。 IR、特に この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。 All rights reserved。 No reproduction or republication without written permission。

緊急です。ご助言ください。

96 IPO IPO. IPO 310 BB 220227 SMBC SBI DMM IPO ZAi ZAi GMO [NEW.

ディスカッション